経費精算の省力化に成功した3つの導入事例!面倒くさいから解放

経理部の業務時間90%削減!!『Dr.経費精算

経費精算の業務量を減らしたい・・
経費精算の入力ミスが多い・・

そんなお悩みを抱える方には『Dr.経費精算』がおすすめ!

  • 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!99.9%の精度でチェック必要なし!
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!

  • 資料無料ダウンロードはこちら

    【業界最多!!】経費精算システム比較こちらから

    毎日の経費精算・交通費精算、時間と手間がかかって大変。

    そんなお悩みはございませんか?

    実際に多くの他の企業の方にお聞きしても同じように経費精算、交通費精算に不満を抱えています。本記事では、そのような不満を解決し、経費精算・交通費精算の省力化に成功した企業事例をご紹介します。

    あるIT企業では、小口現金からの精算のやりとりと金額のチェックをすべて人が行っており、多くの時間がかかっていました。
    経費精算システムを導入し、自動仕訳機能を利用することでこのような業務にかかる時間が大幅に少なくなりました。

    また、人材系企業では営業マンが多く、毎日の交通費精算が手間という課題がありました。
    ICカードから履歴を自動登録できるシステムを導入したことで、交通費精算がカンタンへなりました。

    このように工夫次第で現在の経費精算・交通費精算を省力化することは十分可能であり、多くの企業が実際に成功しています。

    本記事ではそうした事例を多く紹介しております。ぜひご参考ください。

    成功事例1. 業務が大幅に短縮、ミスも激減

    某ITベンチャー企業 従業員数:20名

    従来の課題

    経理の流れは仕訳、集計で1つ1つ項目を目で確かめていました。エクセルに経費周りを入力することは、多くの手間やコストがかかっていて、同時にミスも発生していました。しかも、仕事自体は非常に単純なものなので、会社に所属する従業員の方が相当な労力と時間を奪われていることが非常に大きな問題でした。

    あがってきた申請内容の確認と現金を手渡しするのに、かなりの神経と時間を使っていました。

    経費精算システム導入後の効果

    経費精算システムを導入することで、約4日でかかる仕事をたった1日で終えることができました。
    またリアルタイムでコストが把握できるようになったので、経営判断に大いに活躍しました。

    成功事例2. スマホ利用で、経理担当者だけではなく、営業担当者の手間も省力化

    某人材派遣企業 従業員数:40名

    従来の課題

    1日3~4件の訪問があります。毎月数多くの交通費申請を上げなくてはならず、その作業にかなりの時間が奪われていました。
    営業マンが1日3、4件訪問をすると、月末には多くの交通費申請が出ます。
    また企業によって経費の承認フローが違い、また承認者が会社の中に不在だと承認ができませんでした。

    経費精算システム導入後の効果

    経費精算システムを導入することによって、出張などで外に出ていても確認がスマートフォンなどのWebデバイスを使い承認ができます。これにより格段にスピードが速くなりました。

    成功事例3. 経費精算を効率化し、コア業務の時間を創出

    某会計企業 従業員数:62名

    従来の課題

    クライアントから送られてくる領収書の束の入力作業、確認作業に膨大な時間が取られていました。
    また、領収書の紛失なども頻発しており、管理の手間がかかっていました。

    経費精算システム導入後の効果

    経理部門として改善されたと感じる点は、経費の事前申請から支払いまでのプロセスが見える化したことにより、より一層内部統制の質が高まったことです。仕訳作業といった単純作業の標準化ができる点だと思います。

    企業においては、いかに少人数で業務を効率よく回せるかが、キーポイントになります。経理担当者の本来の仕事は、企業の経営方針を決定するための道標を示すことです。より経理担当者を戦略方針であったりというウェイトの高い仕事を任せる事が、企業としては課題となってきます。

    経費精算システムの自動仕訳の機能により、無駄な業務をカットすることができました。それにより一層内部統制の質が高まったことです。

    今回ご紹介した企業が使っているシステム

    本記事で事例をご紹介した企業が使っているシステムはDr.経費精算というシステムです。

    Dr.経費精算は、経費精算、交通費精算、旅費精算、ワークフロー機能がすべて含まれているクラウド型の経費精算システムです。
    ICカード連携機能があり、Suicaをかざすだけで自動で交通費精算ができることが強みです。
    また、領収書の自動入力機能もあり、領収書が多い企業にとっては非常に便利です。

    Dr.経費精算 評判』について詳しく知りたい方は
    ぜひ下記の公式サイトをチェックしてみてください。

    https://www.keihi.com/

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。