クラウド経費精算システムの選び方!全47社から選ぶおすすめの3社とは?【完全比較】

経費精算システム 比較 カオスマップ

経費精算・交通費精算の業務が面倒で、システムを導入したい!経費精算を自動化・効率化したい
経費精算システムの数が多くてどれを選べばよいのかわからない!

そんなお悩みはございませんか?数多くある経費精算システムの違いを理解し、最適なサービスを選ぶこと困難ではないでしょうか。

本記事では、「そもそも経費精算システムとは?何ができるのか?導入のメリット」からぴったりのシステムを探すための選び方までを網羅的に解説しています。

この記事では現在、日本国内で流通しているほぼすべての経費精算システム・アプリ47社を取り上げた記事となっております。

そのため、この記事を読めば必ずピッタリのサービスを選ぶことができます。

特におすすめなのがこの10社!

また、経費精算システム間の料金や機能の違いがひと目でわかる価格・機能比較表を掲載しています。こちらのページからダウンロードできますので、ぜひサービス選び・情報収集にご活用ください。

経費精算システム比較表の無料ダウンロード

経費精算システムの失敗しない選び方とは?

では、具体的にどのような形で経費精算システムの選定をすればよいのでしょうか?国内には47社のシステムがあり、どれを選んでよいかわからないですよね。

そこでオススメの選び方のポイントを4つ紹介します。

1.導入の目的を数値化して、明確にする
2.自社の解決したい経費精算業務の課題に優先度をつける
3.その課題を解決できるサービスを洗い出す。
4.可能ならば機能要望表などを作成し、各ベンダーに回答してもらう。

よくある失敗するパターンが「あれもこれも」機能をほしいとなるパターンです。

「現場の経費申請の負担を下げたいのか?」もしくは「内部システムとのデータ連携が最優先なのか?」各会社によって悩みは異なります。当然すべての課題を解決することはなかなか難しいこともあるでしょう

自社で実現したいことを洗い出し、優先度をつける作業をまずは行いましょう。ベンダーによっては、申請者といった現場の社員に特化したサービスもあれば、システム連携に強みをもったサービスもあります。

大まかな機能はあまり変わらないのですが、各ベンダーによって特徴・強みが異なりますのでそこは注意が必要です。

参考記事:事例から見る「失敗しない」経費精算システム導入の6つのポイント

全47社経費精算システム中、本当に選ぶべき3社はこれだ!

本章では、全47社から選んだおすすめの経費精算システムランキングを紹介します。
交通費精算から一般的な立替経費精算、出張・旅費精算まで総合的に使えるシステムをお探しの方にぴったりです。

第1位 Dr.経費精算

Dr.経費精算

Dr.経費精算とは、株式会社BearTailが提供する経費精算システムです。iPhone・Androidアプリを備え、交通費精算から旅費精算、立替精算、ワークフロー業務すべてに対応したサービスです。

Dr.経費精算が最もオススメできるサービスである理由は下記の2つです。

理由1. 業界No1の領収書自動入力精度!手入力が不要

領収書レシートの自動入力・読み取り機能をもつサービスはいくつかありますが、
Dr.経費精算の入力精度は群を抜いております。

例えば、他サービスが60%程度の精度に対して、Dr.経費精算は99%以上の精度を誇ります。この理由として、他サービスがOCR入力方式を採用していることに対し、Dr.経費精算ではオペレーターが入力しており、1枚の領収書の入力をダブルチェックしていることがあげられます。

またSuicaやクレジットカードともデータを自動連携することができるため、手入力は不要です。

経費精算システム3社のOCR・領収書読み取り機能を実際に検証してみた

理由2. 領収書のデータ突合・保管・糊付けが不要になる唯一のサービス

経費精算システムは多数ありますが、Dr.経費精算とその他のサービスでは大きな違いが1つあります。それは、「他システムでは、領収書の確認作業やデータ突き合わせ、糊付けの負担は残る」ということです。

楽楽精算やConcur Expenseなどのシステムでは、経費入力や申請、承認作業を行えますが、領収書の紙原本は残りますし、原本とシステム上のデータを経理部があっているか、確認しなければいけません。

つまり、従来はエクセルや紙に記入していたものをアプリやシステムに手入力しているだけで、経費精算業務はあまり効率化されていないのです。Dr.経費精算では、システム上のデータと領収書を突き合わせる作業や倉庫に原本を保管する作業までを代行するため、経理部の負担を大幅に軽減できます。

『Dr.経費精算』の無料資料ダウンロード

第2位 ハイ!経費

「ハイ!経費」は月額300円〜という低価格から利用可能なクラウド型経費精算システムです。具体的に、どのような機能があるのか、評判や口コミについても気になりますよね?

そんな方はこちらの記事をご覧ください。

ハイ!経費の評判や口コミは?特徴やメリットを公開!

『ハイ!経費』の無料資料ダウンロード

第3位 Concur Expense

日本を代表する有名企業への導入実績・グローバルな経費精算市場での圧倒的なシェアを持ちます。

Concur Expenseの詳細な機能や評判・口コミについてはこちらの記事をご参考下さい

業界人が教えるConcur Expense (コンカー経費精算)の評判

『Concur Expense』の無料資料ダウンロード

経費精算システム47社の機能・価格【比較表】

下記図は代表的な経費精算システムを価格、機能性で分類したものです。

立替経費精算や交通費精算、旅費精算と様々な機能が利用可能で機能性が高く、価格も高めなサービスとしてはDr.経費精算やConcur、MoneyForwardクラウドなどがあげられます。

また、値段が安く、機能が限られるサービスは交通費精算特化型など一部の機能に特化しているサービスが多くなっています。

経費精算システムカオスマップ

経費精算システムは47社もあり、料金や機能なども各社様々です。検討にあたって、各サービスの料金や機能が一覧で比較できる表があったら便利ではないでしょうか?

そこで役立つのが下記のようなサービス間の比較表です。
社内稟議書の作成にも役立ちます。

◆経費精算システム比較表の一部例
比較表

ダウンロード

上記は比較表の一部になります。比較表の完全版は下記のページからダウンロードすることができます。

経費精算システム【価格・機能】比較表ダウンロード ページ

ぜひご活用ください!

経費精算システム比較表の無料ダウンロード

7つの業務の課題別で選ぶ!経費精算システム

1 交通費精算を効率化したい!

経路や金額を調べたり、定期区間の料金を調べたり、、交通費精算は非常に面倒ですよね!
交通費精算を劇的に効率化する方法は3つあります。

具体的には下記の3つです。

1. Suica等の交通系ICカード読み取りリーダーを活用する
2. モバイルSuicaを活用する
3. クラウド型経費精算システムを用いて、駅名入力機能を利用する

しかし、それぞれの方法に下記表のようなメリット・デメリットがあります。

詳細については下記記事で解説しています。交通費精算を効率化するシステムも紹介しています。

SUICAなどICカードで交通費精算を効率化する3つの方法とは?

2 紙をなくし、経費精算のペーパーレス化・電子化をしたい!

領収書の原本などを破棄して、ペーパーレスに業務を進めたいと思っている会社は多くあります。そんな方は下記記事をご覧ください。

領収書の電子化の進め方やメリット、対応するシステムを解説しています。

領収書を原本で保管するのはもう古い?電子帳簿保存法に対応する際の3つの注意点。

3 小口現金を廃止して、キャッシュレス経費精算を実現したい!

小口現金を活用して、現金で経費の精算をしている方は非常に大変なのではないでしょうか?私も「小口現金の金額が合わない」せいで残業をしなければいけなかったり、現金が紛失してしまったこともあります。

小口現金を廃止するには下記の3つの方法があります。

  1. 立替精算をしてもらい、振込で精算
  2. 法人カードを活用
  3. 仮払いを併用する

小口現金の廃止、キャッシュレスな経費精算を実現したいと思っている方は下記記事をご覧ください。メリットやデメリット、おすすめのシステムについて解説しています。

小口現金を廃止すべき4つの理由とその手順を分かりやすく紹介

4 出張旅費精算を効率化したい

『海外や国内の出張が多く、立替経費精算が煩雑になっている・・』これは多くの企業の経理担当者の悩みではないでしょうか?

出張旅費精算によくある課題は下記の3つです。

  1. 出張日当の計算が複雑で、面倒
  2. 外貨による精算、レート計算
  3. 仮払い金の受け渡し

経費精算システムはこれらの課題を解決することができます。

下記の記事では「出張旅費精算を効率化する方法」、「おすすめの経費精算システム」を紹介しております。ぜひご覧ください。

出張旅費精算システム7社を徹底比較!選び方のポイントは?

また、英語や外国語対応のシステムを選びたい!外国人従業員を抱えている!
という方は下記記事をご覧ください。

海外出張や外国人従業員にぴったり!英語対応の経費精算システム5選

5 領収書を自動入力して、手入力をやめたい!

電子帳簿保存法の規制緩和により、領収書をスマホで撮影し、自動読み取り・入力をしてくれるサービスが登場しています。
下記記事では、そのような背景やおすすめのサービス、違いについて解説しています。

領収書レシートの自動読み取り・スキャン対応アプリ6選!選び方も!

領収書やレシートをスマホアプリで撮影するサービスがあるのですが、入力精度はサービスごとにまちまちです。楽楽精算、Dr.経費精算、MoneyForwardクラウド経費の主要3社の領収書自動入力精度を検証しました。

経費精算システム3社のOCR・領収書読み取り機能を実際に検証してみた

6 スマホで外出先から経費精算をしたい!

この時代スマホで外出先からサクサク経費精算・交通費精算を終わらせたいですよね!しかし、スマホアプリがない経費精算システムも多くあるので注意が必要です。

経費精算のアプリを比較!2019年のオススメ!iPhoneに対応済はどれ?

7 無料で使える経費精算システムを知りたい

とりあえず、無料で経費精算システムやアプリを使ってみたい、という方も多いのではないでしょうか多くの経費精算システムは無料プランや無料トライアルを用意しており、約30日間は無料で使えるものがほとんどです。詳細は下記記事をご覧ください

業界人が選ぶ「無料」で使える経費精算システム6選を徹底比較!

交通費精算に特化して無料で使いたい場合は下記記事をご覧ください。

交通費精算とは?8つの無料アプリとシステムをランキングで紹介

経費精算システム47社の特徴・強み・料金を解説

1 Dr.経費精算

Dr.経費精算

Dr.経費精算はクラウド型経費精算システムです。2016年にサービスを開始し、400社以上の企業でサービスが利用されています。

最大の特徴は、領収書やレシートをスマホのカメラで撮影すると内容が自動入力される機能です。裏側では2000人もの日本人オペレーターがレシート画像を確認し、金額や日付といったレシート情報を入力しています。

そのため、OCR入力と比べて入力の精度が高く、手書きの文字でも読み取りが可能、99%以上の入力精度を実現しています。

一方で、Dr.経費精算の欠点は他サービスと比べて料金が高めということがあげられます。

また、経理担当者の業務負担を軽減する機能も数多く備えており、不正経費申請や入力ミスを防ぐ経費アラート機能や会計ソフト連携機能を備えています。

そのため、高機能で見やすい画面の経費精算システムをお探しの方にはぴったりのサービスであると断言します。

詳細な資料をご希望の方はこちらより資料を無料ダウンロードすることができます。ぜひご活用ください。

◆Dr.経費精算の基本データ

  • 月額料金:0円〜(領収書枚数ごとの課金)
  • 無料トライアル:有り(15日間)
  • 主な機能:レシート自動撮影、Suica自動連携、クレジットカード自動連携、定期区間自動控除、会計ソフト連携、全銀データ作成、承認フロー設定
  • 強み:領収書のチェック・突合・保管までを代行してくれる。99.9%という制度の自動入力機能、はじめての人でも簡単に使える操作性・画面
  • 主な機能としては下記のものがあげられます。

    Dr.経費精算機能一覧

    参考:https://www.keihi.com/

    『Dr.経費精算』の無料資料ダウンロード

    2 経費精算freee(フリー)

    会計ソフトfreeeの一部機能として利用可能な経費精算システム。会計ソフトfreeeとのデータ連携機能が便利。

    freee

  • 価格: 1980円(3IDまで)から
  • スマートフォンのカメラで領収書を取り、たった4項目を打ち込むだけで経費申請をすることが可能
  • 特徴:クラウドで煩雑な経費精算をオンラインでカンタンに終えることができ、そのまま帳簿付けを行うこともできます。
  • 1クリックするだけで、会計ソフト「freee」に飛ばすことができますので、経費精算と会計処理が同時に行うことができます。
  • 経費精算freeeの評判に関してはこちらをご参考ください。

    業界人が語る「freee経費精算」【評判・スマホアプリ・料金】

    『経費精算freee』の無料資料ダウンロード

    3 CONCUR Expense

    フォーチュン500の約50%の企業に利用されている海外発の経費精算サービス。Uberなど外部サービスとの連携力が強み。

    Concur Expense

    『Concur』は、実は海外のサービスで、フォーチュン500の約50%の企業に利用されています。その「Concur」から、大企業向け経費管理ソリューション「Concur Expense」を、日本市場で正式リリースしました。またJordanの路線検索機能が備わっています。

  • 価格: 30000円から(経費レポート提出数ベース)
  • 特徴:クラウドシステムで経費精算に関する全ての情報を統合。経費分析など、経費精算管理の高度化を支援
  • Concur Expenseの評判に関してはこちらをご参考ください。

    業界人が教えるConcur Expense (コンカー経費精算)の評判

    『Concur Expense』の無料資料ダウンロード

    4 ハイ!経費

    業界最安値水準で提供されている経費精算システム。カードリーダーによる交通系ICカードの読み取りに特化しています。モバイルSuicaやレシート撮影機能は備えていません。

    ハイ経費

  • 長所:低価格で経費精算システムを利用できる。
  • 短所:承認経路の設定や管理側の機能が弱い
  • 料金:月額300円
  • 「ハイ経費」の特徴や機能、評判・口コミについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

    ハイ!経費の評判や口コミは?特徴やメリットを公開!

    『ハイ!経費』の無料資料ダウンロード

    5 MoneyForwardクラウド経費

    マネーフォーワード社が提供する経費精算システム。MoneyForwardクラウド会計とデータ連携が容易に行える

    MoneyForwardクラウド経費 MoneyForwardクラウド経費
    MoneyForwardクラウド経費精算は、対応クレジットカード数は125種(コーポレートカード含み)、対応電子マネーは15種になる経費精算システムです。また関連サービス「MoneyForwardクラウド会計」に連携できますので、仕訳の証憑確認が簡潔にできます。

  • 価格: 500円/ID
  • 特徴:レシート撮影機能やモバイルSuica連携機能、モバイルアプリなど豊富な機能を備えたクラウド型経費精算システム
  • MoneyForwardクラウド経費の評判・長所・口コミについてはこちらの記事をご覧ください。

    業界人が教える「MoneyForwardクラウド経費」の評判

    『MoneyForwardクラウド経費』の無料資料ダウンロード

    6 Kintone(キントーン)経費精算

    カスタマイズして自由な申請アプリを作成することが可能。カスタマイズ要素は高いが、経費精算に特化した機能は薄い。

    kintone

  • 価格: 780円/IDから
  • 自分用に必要な機能を必要な分だけカスタマイズできるプラットフォームを作れる
  • ジョルダン株式会社の「乗換案内Biz」と連携でき、手間をかけることなく経路探索や交通費の算出が可能
  • kintone(キントーン)経費精算アプリの長所・短所、評判についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

    Kintone経費精算(キントーン)の評判や口コミは?特徴やメリット!

    『Kintone経費精算』の無料資料ダウンロード

    7 Staple(ステイプル)

    個人事業主、従業員規模10~20人規模の程度のベンチャー、中小企業をターゲットとした経費精算システム

    staple

    従来の交通系ICカード読取サービスとは異なり、USBカードリーダー端末が必要ありません。

  • 価格: 600円/IDから
  • 洗練された使いやすいUX/UIデザイン。アプリも使いやすい
  • 弥生会計と連動しているので、経理担当者は会計ソフトへの経費データの二重入力の手間がなくなります。
  • 参考 : https://staple.jp/

    Stapleの評判・長所・口コミについてはこちらの記事をご覧ください。

    Staple(ステイプル)経費精算の評判や口コミを徹底解説!デメリットは?

    『Staple』の無料資料ダウンロード

    8 rakumoケイヒ(ラクモケイヒ)

    スケジュール帳から交通費を自動計算して経費登録ができるシステム。現在800社以上の企業に導入されている

    rakumoケイヒ

    そこから日々のスケジュールから交通費を自動的に、計算し、経費申請を容易に時間をかけずにできる。日々のスケジュール管理が、そのままの経費管理になります。

  • 価格:300円/ID
  • スケジュール帳と連携する交通費精算。
  • 運賃、乗換情報がわかる「NAVITIME」と連携されていますので、日々の情報を共有して、簡単に交通費計算ができます。
  • rakumoケイヒの評判・長所・口コミについてはこちらの記事をご覧ください。

    rakumoケイヒの口コミや評判は?特徴をまとめてみた!

    『rakumoケイヒ』の無料資料ダウンロード

    9 eKeihi(イーケイヒ)

    サービス自体に15年以上の歴史があり、導入実績も1400社と豊富な経費精算システム

    eKeihi

    2015年5月11日に新サービス「eSeikyu(イーセイキュウ)」請求管理システムをローンチして、連携が取れるようになりました。

  • 価格: 25000円から
  • オンプレミスとクラウドの2種類から選択可能
  • 請求書発行から入金管理まで一括でできることにより、業務の負担を大幅に削減できます。
  • eKeihiは、スマートフォン、タブレットでご利用いただけるスマホ専用アプリを使うこともできます。
  • 外出先からの交通費申請や承認などを、お手持ちのスマートフォンからお使いいただくことで、移動などの空いた時間を利用してより効率的な経費精算が行えます。
  • eKeihiの評判・長所・口コミについてはこちらの記事をご覧ください。

    eKeihiの評判や口コミは?気になる価格や特徴を調査!

    『eKeihi』の無料資料ダウンロード

    10 J’s NAVI NEO(ジェイズナビネオ)

    J's NAVI NEO

  • 長所:旅費精算だけではなく、航空券や電車のチケット手配まで可能
  • 料金:月額費用20,000円〜 
  • 『J’s NAVI NEO』の無料資料ダウンロード

    11 経費精算ソリューション Systemaflow(システムフロー)

    会計周りを、紙で管理していて困っている企業のための経費精算システムです。画面がシンプルで使いやすく、初めて触る方にも簡単に使いこなすことできます。

    Systemaflow

    参考:http://www.mizuho-ir.co.jp/solution/corporation/backoffice/finance/expense/index.htmll

    『Systemaflow』の無料資料ダウンロード

    12 らくらく定期.net

    交通費精算に特化したシステム。電車の経路検索ソフト「駅すぱあと」や地図ソフトと連携して、自宅と勤務地から最寄り駅の経路や料金を算出する通勤費管理ソフト

    らくらく定期.net

  • 鉄道の6か月定期、バスの3か月定期など、期間が違う定期券がある場合でも、利用期間を管理することで、設定したサイクルに応じて継続支給することができる
  • また電車の経路検索ソフト「駅すぱあと」と連携してしているので、通勤費も容易に管理ができます。
  • 参考 : https://japan.techrepublic.com/article/35077149.htm

    『らくらく定期.net』の無料資料ダウンロード

    13 desknet’s NEO(デスクネッツネオ)

    desknet's NEO(デスクネッツネオ)

    メインの機能は、「グループウェア」であり経費精算システムではないですが、ビジネスに必須な25機能が標準装備されています。

  • 価格: 320円/IDから
  • 見やすい画面で直感的な操作が可能
  • スケジュールやWebメール、プロジェクト管理、議事録システムなど経費精算以外にも25のアプリケーションを備える総合パッケージシステム
  • 参考 :https://www.desknets.com/

    『desknet’s NEO』の無料資料ダウンロード

    14 STREAMED(ストリームド)

    レシートをスマホカメラで撮影するだけで経費精算が完了するクラウド型経費精算アプリ

    STREAMED
    使い方はとてもカンタン。STREAMEDのアプリを立ち上げて領収書を撮るだけで、あなたの代わりにオペレーターが手入力して返してくれます。

  • 価格: 領収書データはSTREAMEDのオペレーターが入力をして、1営業日で返します。領収書・請求書(受取)、通帳、クレカ明細、現金出納帳をスキャンするだけで99.9%正確にデータ化できます。
  • 手書きの領収書も99.9%正確なので、確認して修正するストレスもありません。
  • 参考 : http://streamedup.com/

    『STREAMED』の無料資料ダウンロード

    STREAMED(ストリームド)の評判・長所・口コミについてはこちらの記事をご覧ください。

    STREAMED(ストリームド)の評判や口コミを徹底解説!デメリットも!

    15 皆伝!ワークフロー

    ワークフロー機能に特化した経費精算システム

    皆伝

    経費・旅費に関する経費・会計の豊富な機能がついています。また精算申請と紐づいたQRコードを、領収書台紙に印刷、読み取ることで精算申請の際に自動で紐づけます。

  • 価格: 610円/ID(500IDの場合)
  • 特徴:入力・承認のサポート機能、会計システムへの連携機能などにより、申請から承認、基幹業務連携、分析までをトータルでサポート。
  • 参考 : http://www.slcs.co.jp/products/kaiden_travel/index.html

    『皆伝』の無料資料ダウンロード

    16 Concur Travel(コンカートラベル)

    Concur Travel(コンカートラベル)

    参考 :https://www.concur.co.jp/travel-booking

    『Concur Travel』の無料資料ダウンロード

    17 AXL経費(アクセルケイヒ)

    会計システム、銀行オンラインシステムと連動ができる経費精算システム

    AXL経費

    仕訳データやファームバンキングデータを、そのままダイレクトにそれぞれのシステムに受け渡しが可能になっています。

    また勘定奉行シリーズ、弥生会計、FX4クラウドなどの会計ソフトと連動できますので、一括取り込み可能なCSVデータを生成することができます。

  • 価格: 350円/ID
  • 特徴:申請から支払業務までを一元管理できる交通費・交際費・経費精算サービスです。
  • 参考 :http://www.axlbox.com/service/axlkeihi/index.htmll

    『AXL経費』の無料資料ダウンロード

    18 通勤費Web

    インターネット上で、通勤経路のデータを作成できる交通費精算システム

    通勤費Web

    鉄道定期券の払戻しは「駅すぱあと」で自動計算します。鉄道定期券・バスの払戻し計算も、マスタ管理で自動計算ができます。

  • 価格:2592円(年額)
  • 特徴:交通費のみの特化型システム。インターネット上で旅費・交通費の精算データを作成。
  • 参考 : https://ekiworld.net/service/business/tukinweb/index.html

    19 旅費交通費精算Web

    旅費交通費精算Web

    参考 :
    https://ekiworld.net/service/business/seisan/index.html

    20 ネクストICカード

    Suicaなどの交通系ICカード読み取り機能に特化したシステム

    ネクストICカード(ネクストアイシーカード)

  • 価格: 10000円(基本料金)+200円/IDから
  • 普段使用しているICカードで簡単に勤怠管理や交通費精算、経費精算ができます
  • クラウド型交通費精算&経費精算ツール「ネクストICカード」はお使いのSuica、Pasmoなど使用して、タブレット端末に毎日タッチするだけで交通費精算が可能
  • 導入も簡単で最短で当日から開始できます。
  • ネクストICカードの詳細な機能や評判・口コミについてはこちらの記事をご参考下さい

    ネクストICカードの評判とは?機能やアプリ・勤怠機能を徹底解説

    『ネクストICカード』の無料資料ダウンロード

    21 経理参上

    経理業務を網羅したWeb対応型統合経費精算システムパッケージ

    経理参上

    JCBとの協業開発なので、カード連動機能があります。クレジットカードと連動した経費精算や、さまざまな伝票入力が行える、経費精算システムです。導入実績としては、製造業・流通業が主になっています。

  • 価格:お問い合わせ
  • 『経理参上』はクレジットカードと連動した経費精算や、さまざまな伝票入力が行えるWeb対応型の会計フロントシステム
  • 出張旅費の精算や請求書による社外への支払伝票の入力、総勘定元帳の閲覧や対予算比の経費消化率表(予算管理表)の表示なども可能です。
  • 参考 : https://www.tis.jp/service_solution/keiri/

    『経理参上』の無料資料ダウンロード

    22 MAJOR FLOW Z KEIHI

    経費精算と出退勤打刻の2つの機能を兼ね揃えており、「経費の申請」から「承認」までを、ワンストップで管理ができる経費精算システム

    MAJOR FLOW Z KEIHI
    経費計上処理や仮払管理だけではなく、会計やオンラインバンキングなどにも対応している経費精算システムです。

  • 価格: 350円/IDから
  • 申請から支払い業務までを一元管理できる交通費・交際費・経費精算サービス
  • 「freee」[財務応援R4シリーズ」「会計王16」をはじめとする10以上の会計ソフトと連動しています
  • 参考 :http://pnets.panasonic.co.jp/mf/major-flow-z/

    『MAJOR FLOW Z KEIHI』の無料資料ダウンロード

    23 Business Navitime 交通費パッケージ

    経路検索と経費精算が両方できる経費精算システム

    Business Navitime 交通費パッケージ

    営業から経理までの一連の業務をシームレスにサポートすることで新たな時間を創出。

  • 価格: 500円から(20IDから)
  • 営業の方は経路検索の結果をそのまま精算データに活用できる
  • 経理の方も経路や料金の正当性をチェックするために再度検索する手間が省ける
  • 単に経費精算ができるだけではなく、グループウェア、オンラインストレージ、ネットワーク電話帳などの機能を兼ね揃えています
  • 「ビジネスナビタイム 交通費精算パッケージLite」は、目的地までのドアtoドアまでの細かなルートを調べることができる
  • Googleカレンダーに登録しているスケジュールを、ルート検索時に自動的に反映したりできます。
  • 参考 : http://pr.navitime.biz/

    24 ExchangeUSE V10

    1500社以上の企業で導入されている出張報告書・出張旅費精算書や出張旅費の仮払い申請書をブラウザですべてできるパッケージソフトウェアです。

    ExchangeUSE V10

    申請・承認・決済というすべてのプロセスを統合することによって、ワークフローの効率化を図ります。

  • 価格:お問い合わせ
  • 全ての企業に共通して存在する勤怠管理・経費精算については業務をパッケージ化。
  • 特別なスキルを必要とせずに、簡単にご利用いただけます。
  • 柔軟にカスタマイズに応えられる基本機能も充実。低予算でスクラッチ開発に近い「お客様に合わせた」ワークフローシステムを実現できます。
  • 参考 : http://www.exchangeuse.com/

    『ExchangeUSE 経費精算』の無料資料ダウンロード

    25 TravelersWAN(トラベラーズワン)

    モバイル、経路検索、地図情報など様々なシステムと連携しているので、チケット手配からホテル予約、精算・支払までをトータルでカバーできる経費精算システム

    TravelersWAN(トラベラーズワン)

  • 価格: 400円/ID(50IDから)
  • チケットのオンライン手配や経路検索など、さまざまなサービスとの連携により、経費精算業務を効率化できます。
  • 簡単につかえるインターフェイス
  • 参考 : http://www.hitachi-hitec-solutions.com/travelerswan/

    『TravelersWAN』の無料資料ダウンロード

    26 MJSLINK NX-I

    経費精算システムは補助的な存在ですが、財務会計に35年以上の実績を誇るMJSが誇るパッケージ業務システムです。

    mjs

    企業のバックオフィスである財務・経理・人事・総務をトータルで、サポートします。

    参考 : http://www.mjs.co.jp/company/software/mjslink_nx1/concept.html

    『MJSLINK NX-I』の無料資料ダウンロード

    27 業務改革ソリューション ECOAS(エコース)

    マルチテナント機能・スマートフォン対応、グラフ作成、BI機能に優れた経費精算システム

    ecoas

    単なる経費精算ができるだけではなく、グラフ作成、BI機能による分析機能を搭載されています。

  • 価格:お問い合わせ
  • 日本語だけではなく、英語や中国語と言った多言語に対応しています。
  • 個人立替精算や請求書払いを含めた経費精算や、国内・海外・近距離外出をカバーする旅費精算など、幅広い精算業務に対応。
  • 旅費規程に即したチェック機能の強化が図られているため、ケアレスミスを排除し精算業務の効率を向上。
  • 参考 :http://www.alsi.co.jp/industry/ecoas/

    『ECOAS 経費・旅費精算』の無料資料ダウンロード

    28 Teamspirit(チームスピリット)

    勤怠管理、就業管理、経費精査、工数管理、電子稟議などの独立した基幹システムをクラウド上で、すべてをつなぐというクラウドサービス

    Teamsprit
    SuicaやPasmoのデータの他、他社サービス「駅探」と連動することで、交通費を簡単に経費精算が行えます。また勤怠管理周りの機能も付随しているので、「勤怠管理」と「交通費精算」の管理が同時に行えます。

  • 価格: 30,000円/社から
  • 特徴:TeamSpiritは、勤怠管理、就業管理、経費精算、工数管理、電子稟議、SNS、カレンダーの7つの機能を融合し、従業員が意識しなくても働き方のデータを収集することができるクラウドサービス
  • チームスピリット(TeamSpirit)の評判や使い心地を解説!機能や強みも

    『TeamSpirit』の無料資料ダウンロード

    29 KDDI スマート経費精算

    スマートデバイスを使い、交通費や経費の精算をいつ・どんな場所からでも簡単にできるクラウド経費精算システム

    kddi

  • 「駅すぱあと」とも連携ができますので、交通ルートを簡単検索などもできます。
  •  クラウドサービスなので、外出先かでも承認が可能
  • 参考 :http://www.kddi.com/business/cloud/cloud-app/smart-cost/

    『KDDI スマート経費精算』の無料資料ダウンロード

    30 WiMS/SaaS 経費精算システム

    WiMS/SaaS

    参考 :https://wims-saas.solty.co.jp/

    『WiMS/SaaS 経費精算システム』の無料資料ダウンロード

    31 iS-Trip(アイエストリップ)

    出張旅費・諸経費などのすべての申請・精算処理をオールサポートする経費精算システム

    iS-Trip

    パソコンなどのITに疎い人でもOKなほどの使いやすさ。また追加オプションで海外旅費・代理業務・他システム連携(SAP)等にも、柔軟に対応してくれます。

  • 価格:300円/ID
  • 特徴:操作性に優れていることが最大の特長です。画面設計や登録時に入力ミスがあった場合には、メッセージ機能でサポート。
  • 参考 :https://www.iscube.co.jp/contents/solution/is-trip/is_trip.html

    『iS-Trip』の無料資料ダウンロード

    32 ジョブカン経費精算

    豊富な機能を業界最安で提供する経費精算システム。

    ジョブカン経費精算は、経費精算の申請・承認・管理などの経理業務をクラウド化し、経費精算業務を大幅に削減します。

  • 価格:1ユーザーにつき月額400円から。初期費用・サポート費用・月額固定費は0円
  • 他のサービスと連携をすればより幅広い使い方ができる。
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • 参考URL:https://ex.jobcan.ne.jp/

    『ジョブカン経費精算』の無料資料ダウンロード

    33 クラウドERP ツバイソ

    グループウェア・法定調書管理・給与計算管理・人事、労務管理・固定資産管理・旅費経費精算管理・販売、購買、財務管理・決算会計管理におけるまで、トータルで管理ができるクラウドサービス

    クラウドERP ツバイソ

    すべてにおいての業務を自動化することによって、タレントの自己学習やクリエイティの時間を創出します。

  • 価格: 360円/IDから
  • ツバイソは、決算会計管理、消費税管理、財務管理、販売管理、購買管理、旅費経費精算管理、固定資産管理、人事・労務管理、給与計算管理、年末調整・法定調書管理で、業務プロセスを幅広くカバーします。
  • ツバイソが業務プロセスの網羅性を確保し、上流業務プロセスの数字を補足することで、業務を自動化し、強力な管理会計が可能となります。
  • 参考 :https://tsubaiso.jp/

    34 Spendia(スペンディア)

    Spendia

    経費精算処理だけでなく、社員が出張する際の面倒な手配業務・申請業務まで一括で管理可能。

    他言語・他通貨にも対応しているので、海外出張の多い会社でも安心して利用ができるのが嬉しいポイントでしょう。

  • 価格:スタンダード料金で月額600円
  • 申請・手配、支払・精算、分析・連携までワンストップで対応可能
  • 他サービスとの豊富なAPI連携
  • 参考 :https://www.tis.jp/branding/spendia/

    35 WAVE225

    「短時間」「低コスト」で運用できる経費精算システム

    wave225

  • 価格:お問い合わせ
  • ジョルダンや駅すぱあとにも連携しているため、交通費精算を大きく効率化することができる
  • ファームバンキング連携機能を搭載しているので、ソフトウェアのカスタマイズが容易に可能
  • 交通費、出張、会議・交際費といった経費精算業務や、社内の稟議・決済などの間接業務の効率化を実現するワークフローソリューション
  • 参考 :https://www.nttd-wave.com/solution/wave225/

    『WAVE225』の無料資料ダウンロード

    36 経費精算幕僚Ⅲ

    経費精算における申請作業から、仕訳データ入力までをすべてトータルで可能にした経費精算システム

    経費精算幕僚Ⅲ

    参考 :http://www.megacosmo.co.jp/basic/keihi.html

    『経費精算幕僚Ⅲ』の無料資料ダウンロード

    37 jinjer(ジンジャー)経費

    jinjer(ジンジャー)経費

    参考 :https://hcm-jinjer.com/keihiseisan/

    『jinjer経費』の無料資料ダウンロード

    38 経費BankⅡ(ケイヒバンク)

    Suicaやクレジットカードからの自動データ入力機能をもつ経費精算システム

    経費BankⅡ

  • 価格: 25000円(1~50ID)・10000円(月額追加ID利用料/50ユーザー単位)
  • クラウド(ASP/SaaS)型の経費精算システムです。経費の申請から決裁、振込、仕訳の作成までの全てに対応。様々な補助機能で経理作業を効率化します。
  • 経費Bankは、ご利用の会計ソフトに対応した、会計仕訳データの作成が可能です。
  • 個人への経費精算と同様、振込み用のFBデーターを作成し、簡単に振込み作業を行うことができます。
  • 入力をしていただいたデータがそのまま支払・仕訳になるため、経理担当者の作業を大幅に削減されます。
  • 経費BankⅡ(経費バンク)の評判・長所・口コミについてはこちらの記事をご覧ください。

    経費BankⅡの口コミと評判を調査!特徴やメリットも公開!

    『経費BankⅡ』の無料資料ダウンロード

    39 ProActive E²(プロアクティブ)

    サービスからローンチして22年、5500社に導入されている老舗ソフトウェア

    proactive

    経費精算システムだけではなく、幅広いバックオフィス周りをサポートしてくれます。パッケージソフトウェアですが、最短で3か月で導入が可能です。

    40 Merrybiz(メリービズ)

    領収書やレシートをまとめて郵送するとデータ化を代行してくれる経理入力アウトソーシングサービス

    Merrybiz

    領収書やレシートをまとめて郵送すると1週間以内にすべてがデータ化されます。領収書やレシートは当然サービス利用者に戻ってきます。

  • 価格: 9980円から
  • 経費代行入力サービス(封筒に領収書を詰めてオペレーターが代行入力)
  • たった一枚のレシートでも最低2人のスタッフが手で入力し、データ化が一致しなければ、完了しないというシステムを構築しています。
  • Merrybiz(メリービズ)の詳細なサービス内容や口コミ・評判について気になる方はこちらをご覧ください。

    MerryBiz (メリービズ)の評判や口コミは?価格や特徴を調査!

    『Merrybiz』の無料資料ダウンロード

    41 Q-TAX経理代行センター

    経理・会計サービスのプロに経理関係全般を丸投げすることができる経費精算システムです。

  • 価格:どのサービスを選ぶかによって異なります。
  • 経理を丸投げすることで本業に集中できるようになる。
  • 経理経験3年以上のスタッフが対応するため安心。
  • 参考URL:https://keiribu.com/

    42 楽楽精算

    申請・承認・経理処理をインターネット上で行い、業務効率化&人的ミスの削減を可能にします。

  • 価格:月額30000円から
  • 交通費、旅費・出張費、交際費、経費、支払依頼などすべての処理を一元管理
  • お客様満足度94%の圧倒的サポート力
  • 参考URL:https://www.rakurakuseisan.jp/

    『楽楽精算』の無料資料ダウンロード

    43 駅すぱあと

    幅広い路線をカバーし、登録している交通機関会社数や停留所数は、常に業界トップを誇ります。

  • 価格:問い合わせ
  • 鉄道だけでなく、船の海路図やコミュニティバスの路線図も!
  • 信憑性の高い情報
  • 参考URL:https://ekiworld.net/

    44 ナカオさん

    ⒈簡単に、書類が作成できる。⒉ワンクリックで書類が送信できる。⒊一元的に管理できる。⒋簡単に取引が管理できる。⒌みんなで書類を管理・共有できる。が特徴のナカオさんです。

  • 価格:月額500円
  • データが自動で整理されるため、わかりやすい。
  • 請求書の受取りから取りまとめまで、一元管理。
  • 参考URL:https://www.nakao-san.com/

    『ナカオさん』の無料資料ダウンロード

    45 EnCollabo(エンコラボ)

    勤怠管理クラウドサービスのEnCollaboはお客様の要望に合わせて様々な働き方に対応できます。

  • 価格:勤怠管理に付随する機能として、交通費・出張費精算があり、契約人数により価格が変動。
  • 多くのオプション機能があり、追加料金を払えば利用可能。
  • 参考URL:https://www.encollabo.jp/jinji/

    『EnCollabo』の無料資料ダウンロード

    46 kincone(キンコン)

    交通系ICカードをタッチするだけで、簡単勤怠管理・交通費精算が実現されます。


    kintone(キントーン)と連携すれば、ワークフロー(社内申請管理)機能やシフト管理も構築可能です。(スタンダードコース契約が必要)

  • 価格:1ユーザーにつき月額200円から。
  • IC定期券で、勤怠管理&交通費精算。
  • iOS端末とAndroid端末に対応しており、使い方は簡単。
  • 参考URL:https://www.kincone.com/

    『kincone』の無料資料ダウンロード

    47 楽たす振込

    振込処理を一括代行してくれることで振込手数料を削減してくれます。

    資金は銀行信託口座で管理されるため、安全・安心して利用できます。

  • 価格:振込手数料は一律 316 円/件(税込) 初期費用無料。
  • 振込手数料を最大60%削減できる。
  • 手数料の削減だけでなく、業務効率化もサポート。
  • 参考URL:http://www.bizsky.jp/furikomi

    そもそも経費精算システムとは?

    経費精算とは、立替経費や交通費・出張費用などの精算のことですよね。経費精算システムとは、これらの経費精算の一連の作業をクラウド/オンプレミス上で行えるシステムを指します。

    多くの経費精算システムでは下記のような機能があり、現場の申請社員・経理担当者の業務を効率化することができます。

  • 定期区間自動控除機能などで交通費精算でかかる経路計算の手間をなくす
  • レシートや領収書の自動入力機能で、経費の手入力の手間をなくす
  • 承認フローを自動設定したり、会計ソフトにデータを連携する
  • もっと詳しく知りたい方は下記記事で解説しておりますので、ぜひご参考下さい。経理担当者・申請者の目線に分けて、導入のメリットや経費精算システムの役割について解説しております。

    経費精算システムの導入の4つのメリット

    経費精算システムには下記のようなメリットがあります。

  • 現場の経費精算・交通費精算の手間が減る
  • 経理担当者の業務負担が減る
  • 入力間違いなどの人的ミスが激減する。確認・チェックの工数も不要へ
  • 経費の申請・承認が高速化する。決算作業が楽になる
  • 経費精算システムの導入の4つのデメリット

    一方で、やはり導入にあたってはデメリットもあります。下記がその一例です。

  • 初期コストがかかる
  • 経費精算業務フローを大きく変更しなければならず、内部社員の反発がある
  • システムについての理解が社内で取れない、説得が困難
  • 導入後のルール作成や社内教育には手間・時間がかかる
  • 詳細なメリット/デメリットは下記記事でも解説しておりますので、こちらを是非ご覧ください。

    経費精算とは?経理必見のシステム導入のメリット・デメリットを解説!

    経費精算システムでできることは?

    最近、経費精算システム特にクラウド系のシステムが色々と出回っています。最新のIT技術を活用して利用者のストレスを軽減し、経費精算業務に関連する一連の業務の自動化・効率化を実現しています。領収書などをスマホなどで写真を撮り、回送するだけの申請者の処理が終了する非常に手軽な経費精算システムも登場しています。

    以下の画像は「通常の経費精算フロー」と経費精算システム「Dr.経費精算」導入後のフローを比べた図です。

    多くの工数がかかっていた業務がDr.経費精算の導入により大幅に減ったことがわかります。

    このように業務の効率化を行うことができるのが経費精算システムです。

    ◆経費精算システム導入前と導入後のフロー

    導入フロー

    【出典】「Dr.経費精算」

    まとめ

    いかかでしたでしょうか。様々な経費精算システムがありましたが、「サービスの新しさ」「デザイン性」「機能」だけで選ぶのではなく、あなたの所属する企業の「企業の文化」「従業員規模」などにあった、最適な経費精算システムを導入しましょう。

    比較表

    ダウンロード

    上記は比較表の一部になります。比較表の完全版は下記のページからダウンロードすることができます。

    経費精算システム【価格・機能】比較表ダウンロード ページ

    ぜひご活用ください!

    経理部の業務時間90%削減!!『Dr.経費精算

    経費精算の業務量を減らしたい・・
    経費精算の入力ミスが多い・・

    そんなお悩みを抱える方には『Dr.経費精算』がおすすめ!

  • 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!99.9%の精度でチェック必要なし!
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!

  • 資料無料ダウンロードはこちら

    【業界最多!!】経費精算システム比較こちらから