「Dr.経費精算」の評判・考察!選ばれる7つの理由とは?

経理部の業務時間90%削減!!『Dr.経費精算

経費精算の業務量を減らしたい・・
経費精算の入力ミスが多い・・

そんなお悩みを抱える方には『Dr.経費精算』がおすすめ!

  • 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!99.9%の精度でチェック必要なし!
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!
  • 資料無料ダウンロードはこちら

    「領収書が多くて経費精算業務が大変」
    「現場から不満の声が多く出ている」
    「紙運用から脱却して、ペーパーレスな経費精算を実現したい」
    「システムを使いこなせるか、導入しても失敗しないか不安」

    そんなお悩みはありませんか?
    そんな貴方には「Dr.経費精算」がぴったりのサービスであると断言します!

    なぜならDr.経費精算を使うと、領収書やレシートをスマホのカメラで撮影するだけで99.9%の精度で内容が自動入力されるからです。

    また、他社サービスでは数百万円もの費用がかかるサポート、説明会、初期設定などのサービスがデフォルトで受けられるからです。
    そのため、導入したけど使いこなせなかった、現場から文句を多く言われた、という失敗のリスクが最小限に抑えられます。

    Dr.経費精算を実際に利用した企業の担当者によると、

    「ITリテラシーが低い人でも使いこなせるサービス」
    「領収書の自動入力機能が便利、精度が高い」
    「ICカード自動連携が便利です」

    といった声が多く聞かれました。
    また、今だけ無料で1ヶ月間ご利用料金が無料になるキャンペーンを行っております。ぜひチェックしてみてください。

    参考:Dr.経費精算/公式サイト 

    こちらのフォームより「Dr.経費精算」資料を無料ダウンロードできます。

    選ばれる理由1. 精度99.9%のレシート自動入力機能

    Dr.経費精算の最大の特徴は迅速で間違いのない、レシート自動入力機能です。
    精度は99.9%です。

    なぜこのような高い精度が実現できるかというと、Dr.経費精算ではOCR入力ではなくオペレーター代行入力が採用されているためです。

    そのため、スマホカメラでレシートを撮影すると、オペレーターに送付され、オペレーターが画像を確認して金額や日付のような項目を入力してユーザーに返します。

    機械ではなく、人間が入力するため手書きや形の特殊な領収書にも対応ができ、OCR入力で欠点であった精度の低さを補うことができます。
    Dr経費精算では、1枚のレシートを撮影するのに対して2人のオペレーターがついてダブルチェックをしています。

    また、レシートを撮影すると、30分~1時間程度でデータ化が完了します。そのため、OCR入力に比べて特段時間がかかるというわけでもなさそうです。

    一般的なOCR入力の精度は60%程度なので、結局手書きで修正しなければなりません。

    領収書レシート自動撮影機能には2つの方法がある

    レシート自動撮影機能には2つの方法があることを覚えておきましょう

    (1)OCR入力(機械入力)

    OCR入力は自動でレシートを撮影し、機械が自動で読み取るものです。

    ◇長所:料金が安い、その場でデータ化が完了する。
    ◇短所:データ化の精度が悪いため、手書きや個人商店のレシートには対応できない、一般的に60%程度といわれる
    ◇代表的なサービス→楽楽精算(iPhoneのみ)、freee経費精算、HUE Expenseなど

    (2)オペレーター代行入力

    裏側にオペレーターがいて、領収書レシート画像を見て金額や日付などを入力します。この手法は株式会社Sansanが運営する名刺アプリの「Eight」でも用いられています。

    ◇長所:人間のオペレーターがレシートを確認して、代行入力するため入力間違いがありません。手書きの領収書でも読み取れます。
    ◇短所:入力までにタイムラグが発生します。人間が入力するため、コストがかかります。
    ◇代表的なサービス→Dr.経費精算(Android、iPhone)、MoneyForwardクラウド経費

    選ばれる理由2. Suica、ICカード、クレジットカードとのデータ連携機能

    Dr.経費精算ではSuicaやクレジットカード、コーポレートカードの利用履歴を自動登録することができます。

    Dr.経費精算の詳細な機能や価格については下記の公式サイトに詳しく説明があります。
    ぜひご参考にしてみてはいかがでしょうか?

    参考:Dr.経費精算/公式サイト 

    まずは詳しい機能や価格、強みが書かれた「資料を無料で見てみたい」という方は下記からダウンロードすることができます。

    参考:「Dr.経費精算」資料ダウンロードフォーム

    選ばれる理由3. きめ細やかなサポートが無料

    新たなシステムを導入する際、重要となるのはサービスのサポート体制でしょう。わからないことがあったときに迅速に疑問点を聞くことができるかは重要なポイントです。

    また、初めて経費精算のシステムを導入する場合は現場の従業員も戸惑うものです。社員への使い方を教育するということも重要です。結局、システムがほとんど使われず、現場からは不満が発生、課題も何も解決されないということもしばしばあります。

    Dr.経費精算では無料で電話・メール・チャットによるサポートを備えています。

    契約期間中はこれらのサポートを無料で使うことができます。
    このようにDr.経費精算の大きな特徴の1つがサポートが手厚いということがあります。

    チャットによるサポート画面

    こちらよりユーザーが質問を投げかけることができます)

    そのため、Dr.経費精算ユーザーがダイレクトにサポート部門に質問を投げかけることができます。

    これにより、現場の社員から経理担当者へ向けてシステムに関する質問が集中し、経理担当者が勉強したり問い合わせるという無駄な作業が必要なくなります。

    また、Dr経費精算では初期設定代行サービスを行っています
    初期設定代行サービスとは、会社の要望をヒアリングしながら、承認フローや会計ソフト周りの初期設定を代行で行い、完全に使える状態でお渡しすることです。

    そのため、導入企業は初期設定に手を煩わせることなく、利用が開始できます。また、従業員への説明会の実施もしているため社員教育も安心です。

    あるサービスには導入期間中のサポートはついておらず、初期設定代行だけで100万円以上かかるケースもあります。

    選ばれる理由4. あらゆる会計ソフトと連携可能

    会計ソフトの出力形式にあった形でファイルを出力することができます。そのため、承認が終わった経費申請をCSVファイルでDr.経費精算からダウンロード→会計ソフトにファイルをインポートのみで作業が完了します。

    従来のように会計ソフトに手作業でデータを打ち直すということが必要ありません。

    現在対応している会計ソフトの一例は下記です。
    弥生会計ソフト、free、勘定奉行、PCA会計、会計王、発展会計、Crew、JDL IBEX会計、TCK財務会計システムなど
    その他の会計ソフトでも対応することが可能です。

    また、全銀データも自動作成することができます。
    振込処理や会計ソフト連携処理がワンクリックで完了させることができます。

    参考:Dr.経費精算/機能一覧

    選ばれる理由5. 電子帳簿保存法へ対応

    Dr.経費精算は電子帳簿保存法対応サービスです。電子帳簿保存法の必要要件を満たしているため、レシートを電子化による保存が可能、また、原本破棄も可能です。

    また、各企業で税務署に対して電子帳簿保存法の手続きをする必要があります。通常2~3ヶ月かかるのですが、その手続きのコンサルティングサービスも対応しています。

    実際にDr.経費精算を導入した企業で電子帳簿保存法に対応した実績が複数の企業でございます

    参考:Dr.経費精算/電子帳簿保存法対応

    選ばれる理由6. 承認フローが複雑な会社にも対応可能

    Dr.経費精算では承認階層を設定し、複雑な条件で分岐させることができます。

    例えば、プロジェクトや金額、勘定科目で自動分岐させることが可能です。

    また、従業員ごとの承認フローを割り当てることができます。そのため、従業員が経費提出というボタンをおすと自動的に正しい承認フローにのり、提出が完了します。
    ユーザーが正しい承認フローを探す必要がないため、ストレスが一切かからないシステムとなっています。

    ◆ Dr.経費精算で作成した承認フローの一例Dr.経費精算承認フロー

    参考:Dr.経費精算/機能一覧

    選ばれる理由7. スマホアプリからでも使いやすい

    Dr.経費精算はiPhoneおよびAndroidにおいてアプリを備えています。そのため、アプリからでも経費の申請、承認を容易に行うことが可能です。

    経費精算システムの中にはスマートフォンアプリがなく、便利に使えないサービスもあります。
    例えば、楽楽精算はAndroidからではスマホアプリで経費申請や承認を行うことができません

    さらに、iPhoneアプリもネイティブアプリではなくスマホ用ブラウザが開く形なので
    スマホ特有の動きには制限があります。

    ほとんどのビジネスマンが1台はスマホをもっている時代ですから、スマホから外出先に便利に使えることは非常に重要です

    Dr.経費精算iPhoneアプリの交通費入力の画面

    Dr.経費精算交通費入力

    Dr.経費精算は他サービスとの3つの違い

    では、Dr.経費精算は他サービスと比べて何が違うのでしょうか?大きな違いは下記の3点です。

    1.精度が高く、迅速なレシートデータ化機能
    2.Webからでもアプリからでも見やすく操作しやすい画面
    3.充実のサポート内容

    代表的な他社サービスとの違いについては下記記事もご参考ください。

    参考:導入企業だけが知る楽楽精算とDr.経費精算の本当の違い

    参考:導入企業だけが知るMoneyForwardクラウド経費とDr.経費精算の本当の違い

    Dr.経費精算は他サービスと比較しても豊富な機能を取り揃えています。以下が他サービスとの機能の比較表です。

    Dr.経費精算の機能比較表

    機能比較表

    Dr.経費精算の詳細な機能や価格については下記の公式サイトに詳しく説明があります。
    ぜひご参考にしてみてはいかがでしょうか?

    参考:Dr.経費精算/公式サイト 

    まずは詳しい機能や価格、強みが書かれた「資料を無料で見てみたい」という方は下記からダウンロードすることができます。

    参考:「Dr.経費精算」資料ダウンロードフォーム

    Dr.経費精算の導入企業は?どんな企業におすすめ?

    Dr.経費精算は中小企業から大手上場企業まで幅広い業種業態で400以上の企業に利用されています。

    代表的な導入企業は、川崎汽船株式会社やスペースシャワーネットワーク、飲食業界のきちりなどです。

    Dr.経費精算導入企業の一例

    導入企業

    では、Dr.経費精算はどのような企業へおすすめなのでしょうか?

    Dr.経費精算は立替経費精算だけではなく、旅費精算、交通費精算、稟議書の提出など汎用的なワークフローとしても使うことができます。また、管理者側・経理側の機能も豊富です。そのため、経費精算業務が複雑で、高機能なシステムを求めているシステムといえるでしょう。

    また、スマホやPCからでも使いやすく、今どきの新しく、見やすい画面のサービスを使いたいという方に適しています。

    逆に、最低限の機能を可能な限り安く使いたいという会社には向きません。
    また、交通費に特化したシステムを求めている場合や人数が少なくそもそも経費精算業務がさほど複雑ではない会社にも向かないサービスかと思います。

    バックオフィス向けITサービス比較なら『プロキュア

  • バックオフィスに特化したITサービスを掲載!
  • テーマ・課題別のおすすめサービスが丸わかり!
  • 気になるサービスは一括資料ダウンロードも可能!