おすすめ経費精算システム

楽楽精算 VS Dr.経費精算|機能・価格・評判を徹底比較

新CMでも話題の経費精算システム「楽楽精算」と、同じく経費精算システムである「Dr経費精算」の評判や価格・機能を徹底比較してみます。

最近では経費精算システムをクラウド型の便利なシステムに変更する企業が増えてきました。また電子帳簿保存法の改正になり、紙媒体での経費精算を改め、新たに経費精算システムを導入することが簡単になってきました。

しかしいざ導入をしようと思っても、慣れ親しんだ経費精算の方法を変更するのには不安がありますよね。更には多くの経費精算システムの中から1つだけ選択するのも難しいです。

そこで、今回は「楽楽精算」と「Dr.経費精算」の2つのシステムを比較しながらみていきます。どちらの経費システムも素晴らしいのですが、会社の規模やニーズによって向き不向きがあります。簡単に両方の強みと弱みについて説明していきます。

楽楽精算:最低限の交通費精算と立替経費精算のワークフロー機能を求めている会社が向いています。

価格が低価格になっている分、最低限の機能だけがついているからです。機能を増やしたい場合は、追加でオプションが加えられるので自分でカスタマイズすることも可能となっていますが、それと同時に価格も比例して高くなります。

Dr.経費精算:高機能で見やすい画面の経費精算システムを好む会社にお勧めです。

スマートフォンにも対応しているため、どこからでもアクセスが可能な上に、操作が行いやすい点が魅力です。また経緯精算をまとめて行えるといった点以外にも、サポート体制がしっかりしているため、安心して使用できます。

詳しくは下記に記載していますので、是非読んでみてください。

楽楽精算とDr.経費精算のレシート撮影機能を徹底比較

楽楽精算もDr.経費精算も同様にレシート撮影機能があります。そこで、どのような違いがあるのかを比較していこうと思います。

・楽楽精算

楽楽精算でレシート撮影機能を使う際には、OCR 入力を用いて情報が処理されます。100%機械による入力となるため、手書きでの領収書は読み取れません。また、精度もあまり高くないです。

またレシート撮影を行う際、写真を撮るためのアプリは存在しているものの、そこから直接経費精算申請のところまで進むことはありません。

・Dr.経費精算

一方でDr.経費精算は、人力入力を取り入れています。撮影して送られたレシートや領収書は、専門のオペレーターにより、手作業で確認されています。また、一つのレシートにあたりオペレーターが2人による確認が行われ、ダブルチェックすることによりミスを防ぎています。24時間オペレーターが待機しているため、経費精算も迅速に行われています。

スマートフォンで撮影した写真をそのまま申請することができるため、自分で手入力をする必要はありません。経費精算が簡単にできるだけでなく、時間も大幅に削減できます。

楽楽精算Dr.経費精算
方法OCR入力人力入力
メリット・迅速

・低価格

・手書きでも読み取れる

・オペレーターが入力し、ダブルチェックもされるため、99%の正確さ

デメリット・機械作業のためミスが発覚しても気づかれない危険性。

・データ化の精度が低く、手書きで記載されたものには反応されにくく、一般的に60%程度といわれている。

・iPhone しか対応されていない点。

・30~60分時間がかかる

・コストがかかる

OCR(Optical Character Recognition/Reader. 光学的文字認識)とは、手書きや印刷された文字を、カメラやスキャナーによって読みとり、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術です。

交通費精算機能を徹底比較

交通費精算機能を5つの観点から比較してみます。

大きな違いは、楽楽精算にはモバイルSuicaが連携されておらず、定期区内控除機能もついていないことです。

Dr.経費精算では、モバイルSuicaが利用できるため、ICカードからそのまま交通費を経費精算申請ができます。連携していないと、また別に申請をする必要がでてくるため手間が増えます。

また、Dr.経費精算では定期区間控除機能がついています。社員全員の定期情報がDr.経費精算内にあるため、定期内の金額を自動的に差し引いた上で経費申請が行えます。つまり、これまで交通費金額の過払いがあったとしても、Dr.経費精算があれば不正を未然に防ぐことができます。

楽楽精算Dr.経費精算
ICカードリーダー
モバイルSuica×
駅名入力機能「乗換案内Biz」と連携しており、自動的に線路や賃金が選択できる。 

「駅すぱあと」と連携しており自動的に線路や賃金が選択できる。

 

駅名入力したとき経路を選択できるか? 

できる。AIによって過去履歴から自動入力される項目もあり、目的地や訪問先などの入力が不要。

履歴から経路が自動表示され、そのまま申請できる。
定期区間控除機能×

このように同じ経費精算システムでも、機能は異なってきます。会社のニーズによるのですが、モバイルSuicaが連携している点や、履歴から経路検索ができる利点は大きく、手間が省けるほか、不正経費精算を防ぎます。

画面や操作性を徹底比較!

シンプルに統一された楽楽精算のデザイン

①PC版

・色をブルー色で統一していて、とても簡素なイメージ。

・選択肢が多く、文字が多くみられます。

②アプリ版

楽楽精算スマホ画面1

楽楽精算スマホ画面

 

・フローを選択することができるため、ミスなく、正しいフローで経費精算が可能です。

・少しごちゃごちゃした印象が感じられます。

 

スマートフォンからも手軽に使いやすいDr.経費精算のデザイン

・みやすいデザインとなっています。

・左側に選択部分がかたまっているため、全体的にどこに何があるのか把握しやすく、選択時に悩みにくいのも特徴です。

・下の写真赤い矢印の先にあるアイコンをクリックすると、疑問点を解決すべく関連のある記事が探せるだけでなく、チャットを開始することもできます。困った時にはいつでも簡単にコンタクトがとれるのも特徴です。

 

②アプリ版

 

フローを選択することができるため、ミスなく、正しいフローで経費精算が可能です。

また、こちらのアプリもシンプルかつみやすいデザインとなっているのが特徴敵です。

楽楽精算の3つの長所と6つの短所

●3つの長所

①圧倒的な実績

クラウド型経費精算システムにおいて3年連続導入社数NO.1であり、大企業を含めた合計3000社もの企業が導入しているシステムです。

②低価格

低価格なため導入がしやすくなっています。下記で説明していますので、よろしければ後ほど読んでみてください。

③会計ソフトとの連携

計ソフト用のデータをCSV形式で出力することができるため、手間が大幅に省かれます。また多様な会計ソフトと連携しているため、安心して経費精算精度を変更することができます。

●6つの短所

①サポート体制

サポート体制があまりユーザーフレンドリーではありません。問題が生じた時にどのようなサポート体制が受けられるのかを確認してから導入を考えた方が理想的かもしれません。

②スマートフォンでの不便さ

スマートフォンも対応はしているものの、Webブラウザでページを開き、文字を入力しなければいけません。また、画面上の指操作もやりづらくなっています。

③初期設定のサービスがなく、代行は高額。

初期設定の代行サポートを頼む場合は、初期設定代行の費用として、最低100万円〜という高額な費用が初めに必要となってきます。従業員がするには労力もかかり、実際にも導入時期が遅れてしまったという事例もあります。

④オプションを加えると高価格になりやすい。

価格自体が低価格であるものの、よりよいサービス機能を求めれば求めるほど高額となってきます。どのオプションが必要になってくるかを見極め、その上で費用を見積もってみましょう。

⑤iPhoneのみで、アンドロイドが対応していない。

社員の中にはアンドロイドを使用している方も多いはずです。利用環境もしっかりと考えてみてください。

 

楽楽精算は、業界のシェア数からも、安心できるかと思います。また、低価格な点も魅力的で、導入に踏み込みやすいのではないでしょうか?

しかしながら、導入後のことや、オプション機能による高額化など問題視されていることもあります。導入するにあたっては、企業で長期的に使っていくことを前提として、その会社に必要なことを見極めてみましょう。

Dr.経費精算の4つの長所と2つの短所

●4つの長所

①15日間のトライアル期間

導入前にトライアル期間があることで、新しい試みに対する不安が軽減されるはずです。また、合うか合わないかなども実際に確認できることも魅力的です。

②写真を撮るだけで情報が自動取得

領収書やレシートをスマートフォンから撮って送信するだけで、いつでもどこでも経費精算が簡単に行えます。これにより、不正やミスの防止にもつながります。申請者・経理担当者共にありがたいシステムです。

③自動フロー

自動入力システムが導入されているため、申請者は迷わず正しいフローで申請が出せます。また、やり直しなどの手間もなくなるため、効率的に早い精算を可能にします。

④行き届いたサポート体制

電話対応に加え、システム上からのチャットでのサポート体制も行き届いています。そのため、比較的早く問題解決へと導かれます。

 

●2つの短所

①価格が高め

10人などの少人数の場合にはお得になっているものの、人数と比例して価格も上がっていきます。

②価格に比例し、サービスや機能が高性能なため、会社によっては不必要

サポートなどの分も価格に含まれているため、ある程度の経費精算ができるだけでよいという企業には、かえって不必要になってしまう可能性もあります。

インフラ系のシステムは長期的にシステムを使い続けることが前提です。Dr.経費精算では、無料お試し期間があることや、充実なサポート体制があるため、導入まで踏み切れない方や、導入に不安を感じている方に特にお勧めです。経費精算システムを使用することで無駄な労働時間が減り、本業へ集中できる効率の良さを是非体感していただきたいです。

料金体系を比較

低価格の楽楽精算

楽楽精算では、低価格でサービスを提供しています。しかし追加IDが50ユーザー単位であることや、様々なオプションをつけることによって価格は高くなります。オプション機能の中で、必要になりうる機能をあらかじめ確認しておき、全てを含めた上で金額を見積もってみることをお勧めします。

楽楽精算価格
10ユーザー3万円
50ユーザー3万円
30ユーザー
+汎用ワークフロー
+ファイル添付機能
+クライアント承認機能
20万2千円

月額3万円 (10ユーザーライセンスの場合)

月額3万円 (50ユーザーライセンスの場合)

*50ユーザー追加するにあたり10万円

*その他のオプション追加の都度、別途月単位で費用がかかる。

 

 

機能性のDr.経費精算

50ユーザーあたりを楽楽精算と比較すると、Dr.経費精算の方が高いことがわかります。しかし少人数であったり、オプションを加えた場合によっては、比較的安くなります。様々なオプションが初めから備わっていますので、便利な制度が整った状態からご利用いただけます。

Dr.経費精算価格
10ユーザー9千8百円
50ユーザー4万9千円
30ユーザー
+電子帳簿保存法オプション
+ファイル添付機能
3万2400円

 

月額9800円 (10ユーザーの場合)

月額49000円 (50ユーザーの場合)

*1ユーザーにつき980円

*年間一括払い制度もあり、お得になっています。

楽楽精算を導入するべき会社

 

楽楽精算は価格の安さと、豊富な導入実績という強みがあります。その一方で、使いやすさやサポート面が他社より弱みとして評価されがちです。上記での価格比較表にあるように、利用できるサービスが低価格のままスタートできます。最低限の経費精算ができれば十分な会社にとっては、無駄なものがなくありがたいかと思います。しかしサポートを含め、便利な機能はオプションとなっているため、不便に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

使いやすさや、ビジュアルにこだわらず、安く経費精算ができたらよいという方針の企業には向いているかと思います。また、導入実績が豊富なであるため、安心して導入でき、使っていきたいと考える企業にも向いています。

Dr.経費精算を導入するべき企業

 

スマートフォンが対応しているため、領収書やレシートをスマホで撮影するだけで、いつでもどこでも経費精算ができます。移動時間など、隙間時間を効率的に活用したい企業にお勧めです。画面がみやすく操作もしやすいだけでなく、経費精算の一連がまとめてできる点や、スマートフォンから写真を撮るだけで手入力をする必要がない点が強みとしてあるためです。

また、トライアル期間を利用して、本当に導入することが企業の利益に繋がるのかを確認したい方には、是非この機を活用していただきたいです。サポート体制も充実しているので、少しでも不安がある企業には特におすすめです。

まとめ

経費精算システムはこの2システム以外にも沢山あります。比較する際に悩まれる方も多いかと思いますが、どのシステムにも向き・不向きの会社があります。今回の記事を参考に、読者の皆様の課題を適切に解消してくれるサービスが見つかれば幸いです。

まずは無料相談や、トライアル期間などを活用して、納得のいくシステム導入ができることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



こちらの記事では国内の経費精算システム42個を紹介し、貴社へぴったりのサービスをご紹介しております。

交通費精算から立替経費、旅費精算まであらゆる経費精算業務の課題を解決します。
もしよろしければ、ご覧ください。記事はこちら
;