英語対応の勤怠管理システムは導入すべき?おすすめ機能や使い方を徹底解説!

経理部門必見!!『電子帳簿保存法まとめ

多くの企業でIT化が叫ばれる昨今。
電子帳簿保存法』は日本のすべての企業にとって重要になっています。

そこで電子帳簿保存法の最新情報について
初心者にもわかりやすくまとめた資料を、無料でプレゼント

こちらのページからダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

  • そもそも電子帳簿保存法とは?
  • 2020年10月最新改正ポイント
  • 2019年以前のまとめ
  • 3分でわかる『電子帳簿保存法』無料GET

    >>『電子帳簿保存法』についてはこちら

    グローバル化が進み、日本の地方の事業所でも外国人労働者の数が増えてきました。勤怠管理でも表示言語が日本語のみだと、不都合が出てくる場合もあるでしょう。

    多言語対応の勤怠管理システムの特徴と選ぶポイントについて解説します!

    英語対応の勤怠管理システムは、通常の勤怠管理システムとどう違う?

    表示言語設定

    勤怠管理への関わり方は、事業所によって、また企業で働く人の中でも、役職や地位によって異なります。英語対応の勤怠管理システムでは、事業所や管理者アカウント毎に表示言語の設定が可能であるようです。

    時差対応

    企業によっては、海外に事業所がある場合や、海外出張などで現地時間で勤怠情報を管理する必要がある場合など、地域の時差を反映した勤怠管理システムもあります。

    ただでさえ厄介な勤怠管理に時差が加わると、手入力ではとても大変です。勤怠管理システムがそうした煩雑な処理を行ってくれるのは大きな魅力でしょう。

    通貨への対応

    海外の事業所で労働者を雇用し、給与を払うような場合、日本円というわけにはいきません。通貨のレートや支払時期などを反映させた勤怠管理システムは利便性が高いです。

    海外の法律をふまえた設計

    海外の事業所や工場での労働は、必ずしも日本の法律と同じではありません。勤怠管理も日本の法律のみを考慮した設計だと、のちに大きな問題に発展しかねません。海外に事業展開する企業の中には、現地の法律を反映した勤怠管理システムを採用する企業もあるようです。

    多言語サポート窓口

    勤怠管理システムのサービスは、自社のサービスの特徴として、サポートセンターの対応の充実を謳っていることが少なくありません。勤怠管理システムを導入後、システム利用の不明な点を問い合わせることができるのは安心ですね。日本語対応だけでなく、英語などの他の言語でのサポート窓口が開設されているのは、グローバル化する現代のニーズにかなったサービスだといえます。

    英語対応の勤怠管理システムが必要になるとき

    外国人労働者を受け入れる場合

    日本の工場や倉庫では、外国人労働者を受け入れる場合も少なくありません。
    表示言語が日本語のみであるために、トラブルが発生するかもしれません。
    例えば、タイムカードの打刻にしても、いくつかの言語に対応した使用であれば、言語によるトラブル発生のリスクを抑えることができます。

    英語圏への事業展開

    企業が英語圏に事業を展開するとき、英語話者の従業員を雇い、現地の通貨で給与を支払うとなると、手書きや手入力だけでは、対応しきれないケースもあります。こうした場合、英語対応の勤怠管理システムが必要になるでしょう。

    海外資本の導入

    事業の拡大や経営の安定を目的として、海外資本を受け入れる場合があります。資本を提供する代わりにいくつかの条件が提示され、その中に英語対応の勤怠管理システムの導入が含まれており、英語対応の勤怠管理システムの導入が検討されるようなケースもあるようです。

    英語だけに留まらない勤怠管理

    企業が販路を拡大したり、新たに事業所を設けるのは英語圏に限られません。日本企業であれば、中国企業や中国市場の動向から目をそらすことはできないでしょう。将来の状況を考慮して、英語だけではなく、多言語対応の勤怠管理システムを採用したというケースもあるようです。

    勤怠管理システムを選ぶポイント

    各システムの特徴の把握

    勤怠管理システムのサービスは種類を増し、その機能も日々進歩しています。その中から、自社のニーズに対応したシステムを選ぶ必要があります。似たようなシステムであっても、よく比較・検討し、注意深い判断が求められます。

    自社の勤怠管理の方法との兼ね合い

    会社の立ち上げに伴って、勤怠管理システムを導入する場合ならともかく、多くの企業には原稿の勤怠管理の方法があると思います。新たなシステムを導入する際、自社の勤怠管理情報の運用との兼ね合い現行のシステムと連携システムの移行の手間などの要素を検討する必要があります。

    まとめ

    英語対応、さらに多言語対応の勤怠管理システムは今後、ますますその需要を増していくと予想されます。システムの特徴や導入に至った事例を抑えたこの記事が、企業の勤怠管理システム導入の最適な選択の助けになれば幸いです。