おすすめ経費精算システム

モバイルsuicaで経費精算を劇的に「楽」にする具体的方法

交通費精算を面倒と感じられていませんか?
外出が多い営業の方は「交通費精算」に多くの時間を取られていませんか?
カレンダー帳を見ながら訪問先をチェックし、経路や金額を調べる。そんな作業を行っていませんか。

また、経理担当者の方は、経路の検索や定期区間のチェックを面倒と思われていませんか?非効率でアナログな作業と思われている方も多いのではないでしょうか

実は、モバイルSuicaを使うことで、経費精算を大幅に楽にすることができるということを知っていましたか?
なぜなら、モバイルSuicaと経費精算システムを組み合わせて利用することで、モバイルSuicaの利用履歴を自動的に経費として登録することができるからです。

この方法により交通費精算は非常に便利になるのですが、デメリットとしてはiPhone7以降のiPhoneといくつかのAndoroid機種でしかモバイルSuicaを使うことができないことがあげられます。

本記事では、モバイルSuicaを使って交通費精算をする具体的な手順を紹介します。
その後、モバイルSuicaに対応した経費精算システム4つを取り上げ、機能や価格を比較いたします。

モバイルSuicaとは

モバイルSuicaとはお使いの携帯電話・スマートフォンにSuicaの機能を搭載するアプリケーションです。そのため、お使いのスマートフォンで通常のSuicaと同じように改札を通ることができます。
モバイルSuicaが搭載されたスマートフォンを改札にかざすことで、電車の乗り降りをすることができます。

また、モバイルSuicaにはお使いのクレジットカードからいつでもチャージをすることができます。

JR東日本:モバイルSuica利用開始までの流れ
JR東日本:モバイルSuica対応機種

モバイルSuicaを使って交通費精算をする2つのメリット

メリット1 金額、経路が自動的に入力されるため、交通費入力が非常に楽に!

申請者にとっては交通費精算が非常に楽になります。
モバイルSuicaから自動的に交通費の経路や金額データが連携されるので、手で入力する必要がありません。

従来は経路をインターネットで調べて、金額をエクセルシートに手入力していたことを考えれば、大きな効率化と言えます。

メリット2 経理担当者のチャックが簡単になる

従来は、経理担当者が経路を再度検索し、正しい金額が入力されているかをチェックする必要がありました。
また、それぞれの区間に関して定期区間とかぶっているかを手動でチェックしなければなりません。

従業員数が非常に多い場合、このような手作業を行うことは非常に手間です。
モバイルSuicaでは、自動的に正しい金額が入力されるため、チェックの必要がありません。

また、定期区間分の料金も自動で控除されるため、確認する必要がありません。

モバイルsuicaで簡単に経費精算をする5つの手順

それでは実際にモバイルSuicaをつかって交通費精算をしてみましょう。
今回はクラウド型経費精算システムの1つであるDr.経費精算をつかった例でご説明いたします。

手順① 公式HPよりモバイルSuicaを作成

モバイルSuicaの公式HPにアクセス

JR East アカウントを発行

モバイルSuica登録後、My JR-EASTの公式HPからMy JR・EASTIDを発行します。

手順③ JR-EAST IDをDr.経費精算上で入力

登録したJR-EAST ログイン情報を「Dr.経費精算」に入力します。
パスワードなどのログイン情報を入力すると、過去の利用履歴を取得することができます。

経費精算システム上にモバイルSuicaの利用履歴が自動で反映

下記画像のように経費精算システム(Dr.経費精算)上にモバイルSuicaの利用履歴が自動で反映されます。
利用履歴から経費として登録したい項目のみを選ぶことができるので、物販や私用で使ったものを除くことができます

また、その他に交通費精算をする方法はこちらからご覧ください。
モバイルSuica以外にもICカードや駅名入力機能を使って交通費を効率化する方法を記載してます。

スマートフォンがモバイルSuicaに対応していない!というケースでも交通費精算を劇的に楽にすることができます。

Suicaで交通費精算を効率化する3つの方法とそのデメリット

モバイルsuicaが使えるスマートフォンは?

モバイルSuicaが使えるiPhone端末

・iPhone7 / iPhone 7 プラス
・iPhone8 / iPhone 8 プラス
・iPhoneX
・iPhone XS / iPhone XS Max
・iPhone XR

モバイルSuicaが使えるAndroid端末(メーカーごと)

・MVNOの場合(JR東日本公式サイト

・au(KDDI)の場合(JR東日本公式サイト

・SoftBank / Y!mobileの場合(JR東日本公式サイト

・NTT Docomo の場合(JR東日本公式サイト

モバイルSuicaによる経費精算に対応している経費精算システムを4社紹介 +比較表

◆モバイルSuicaに対応した経費精算システム4社の比較表

1,Dr.経費精算

Dr.経費精算はモバイルSuicaに完全対応しているクラウド型経費精算システムです。
モバイルsuica以外にも立替経費精算や旅費精算、仮払い、会計ソフト連携、全銀データ自動作成などを行うことができます。

また、レシートをスマホで特にレシートを撮影すると、中身が自動入力される機能があり、便利です。

  • 月額料金:980円/1ユーザー
  • 強み:レシートをスマホ撮影すると内容が自動入力、わかりやすいユーザーインターフェイス
  • 無料トライアル:有り(15日間)
  • 主な導入企業:株式会社川崎汽船、株式会社きちり、スペースシャワーネットワーク

公式ページ:http://keihi.com

2,freee経費精算

会計ソフトfreeeの一部機能として利用できる経費精算システム。
会計ソフトfreeeとのデータ連携機能が便利です。

  • 月額料金:3,980円
  • 強み:会計ソフト「freee」との連携が便利のため、freeeユーザーにはおすすめ
  • 無料トライアル:有り(機能制限あり)
  • 主な導入企業:スマートニュース、ソウルドアウト、GMOペパボ

公式HP:  https://www.freee.co.jp/features/keihiseisan

3,MFクラウド経費

  • 月額料金:900円/1ユーザー
  • 強み:利用する機能ごとに料金プランを選ぶことができる
  • 無料トライアル:有り
  • 主な導入企業:株式会社ビズリーチ、株式会社Chatwork、株式会社エアークローゼット

4,コンカー

『Concur』はアメリカ発のクラウド型経費精算システムで、フォーチュン500の約50%の企業に利用されています。
日本でもファーストリテイリングなど従業員数1万人を超える上場企業で数多く導入されています。

  • 価格:30,000円〜(レポート提出数ベース)
  • 強み:日本を代表する有名企業での導入実績
  • 無料トライアル:なし
  • 主な導入企業:ファーストリテイリング、サイバーエージェント、DeNAなど

公式HP:https://www.concur.co.jp/easy-expense



こちらの記事では国内の経費精算システム42個を紹介し、貴社へぴったりのサービスをご紹介しております。

交通費精算から立替経費、旅費精算まであらゆる経費精算業務の課題を解決します。
もしよろしければ、ご覧ください。記事はこちら
;