最高評価の経費精算システム「Dr.経費精算」の詳細を見る

交通費精算テンプレートを無料ダウンロード!書き方やポイント、注意点を徹底解説!

交通費申請や精算は面倒ですよね?また、交通費申請書の書き方・作り方がわからない。
そんなお悩みを抱えていませんか?

本記事では無料で使える交通費精算書のエクセルテンプレートを提供しています。
また、公共交通機関を使った場合とそれ以外を用いた場合にわけて、交通費精算書の書き方、および注意点をお伝えします。

例えば、新幹線を使った場合やレンタカー、ガソリン代は精算にあたり必ず領収書が必要となります。
特にガソリン代は忘れる方が多いため注意が必要です。

経理部の作業時間90%削減!「Dr.経費精算」

  この記事をお読みの方で、「経費精算システム」をお探しの方がいらっしゃいましたら、「Dr.経費精算」を検討してみましょう。下記のメリットがあります
  • 領収書を撮影するだけ!99.9%の精度で自動入力
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!チェックや手入力の手間がなくなる
 

無料で使える交通費精算書テンプレート【Excel】

多くの場合社内に交通費清算のテンプレ―トが用意されていますが、ない場合もあります。
もしない場合はこちらの交通費精算書てテンプレートファイルをお使いください。

また、上記以外にも無料の交通費精算テンプレートがありますのでご活用ください。

交通費精算書A4たて仮払金対応(エクセル)

交通費精算書A4たて領収書貼付対応(エクセル)

交通費精算書A4よこ(エクセル)

交通費精算書A4よこ仮払金対応(エクセル)

公共交通機関を使った場合の交通費精算書の書き方

営業や接待で公共交通機関を使った場合の交通費精算書の書き方です。

書き方の注意点

公共交通機関を使った場合の交通費精算書の書き方について、サンプルのテンプレートを例に詳しくご説明します。サンプルのテンプレートは出納印・受領印欄がありませんので、口座振込による精算としてご説明します。

  • ① 申請日
    申請日は精算する日を記入します。数日間分をまとめて精算する場合は最終利用日以降の日を申請日とします。なぜなら、利用した金額を精算するので未来の日付の未確定な金額は精算の対象外だからです。
  • ② 所属
    所属は正しく記入します。この所属の経費として処理されるのが一般的だからです。
  • ③ 社員番号
    社員番号を正しく記入します。多くの会社では社員番号に紐づけて精算金の振込先口座を管理しています。番号を誤って記入すると他の社員の口座に精算金が振り込まれる可能性もあります。
  • ④ 氏名
    社員番号を正しく記入します。社員番号と氏名が不一致の場合は、精算者と振込口座名義人が不一致となり振り込めませんので注意してください。
  • ⑤ 日付
    公共交通機関を利用した日を記入します。数日間分を一括で精算する場合は、日付順に時系列で記入します。
  • ⑥ 訪問先
    訪問した客先を記入します。買い物の場合は店名を記入します。研修などに参加した場合は主催者と参加した研修名を、社内行事であれば行事名を記入します。
  • ⑦ 利用路線
    移動に使った移動手段を記入します。「JR」「地下鉄」「バス」などだけです。タクシーを利用した場合は「タクシー」と記入します。
  • ⑧ 出発と到着
    電車を例にしますと、出発欄は乗車した「出発駅」を記入します。到着欄は「到着駅」を記入します。乗換駅は途中下車しないかぎり記入しません。
  • ⑨ 片/往
    片道だけ利用したのか、往復利用したのかが判断できるように記入します。往復の場合は、往路の「出発駅」と「到着駅」を記入します。
  • ⑩ 金額
    その経路の料金を記入します。「⑨片/往」で往復と記入した場合は往復の合計額を記入します。一部区間が通勤経路とかぶっていて定期券がある場合は乗り越しにかかった金額を記入します。その場合は「⑦利用路線」に「JR(定期券あり)」などと他者がわかるように記入しておきます。

注意点① 公共交通機関の精算に領収書は不要

日常業務で使う公共交通機関の精算に領収書は不要です。営業などの移動中に経路と料金をメモしながら移動するは大変です。そういった場合は、精算時に経路検索サービスを使い利用経路の金額を調べて精算します。

交通費の精算は日々発生するため大きな事務負担となります。最近はSuica等の交通系ICカードの履歴を読み取りリーダーを使い読み取ることができます。事務作業の負担軽減や業務の効率化をお考えなら検討してみる価値はあります。

参考記事:SUICAなどICカードで交通費精算を効率化する3つの方法とは?

注意点② 新幹線を使った場合の領収書は必須ではない

新幹線を使った場合の領収書は必須ではありません。会社によって規程で「新幹線と飛行機は領収書をつけて精算する」などの決まりがある場合は会社の規程に従ってください。ただ、税務調査の際に不適切な交通費精算であると指摘された時の保険として、領収書を貼付しておく方が心強いでしょう。

領収書がなければ新幹線の乗車券でもよいです。自動改札を利用すると乗車券は残りませんが、改札横にいる駅員に「会社の精算で乗車券がいるので」と言えば乗車券にスタンプを押して返してくれます。

社用車など公共交通機関以外を用いた場合の交通費精算書の書き方

営業や接待で公共交通機関以外の社用車やレンタカーなどを使った場合の交通費精算書の書き方をご説明します。

書き方 社用車やレンタカーなどの車両を利用した場合

社用車やレンタカーを利用した場合の交通費精算書の書き方について、サンプルのテンプレートを例に詳しくご説明します。基本的に、社用車を利用した場合に発生する精算はガソリン代と駐車場代のみです。

  • ① 申請日
    申請日は精算する日を記入します。数日間レンタカーを借りる場合は最終利用日以降の日を申請日とします。なぜなら、利用した金額を精算するので未来の日付の未確定な金額は精算の対象外だからです。
  • ② 所属
    所属は正しく記入します。この所属の経費として処理されるのが一般的だからです。
  • ③ 社員番号 
    社員番号も正しく記入します。多くの会社では社員番号に紐づけて精算金の振込先口座を管理しています。番号を誤って記入すると他の社員の口座に精算金が振り込まれる可能性もあります。
  • ④ 氏名
    社員番号を正し記入します。社員番号と氏名が不一致の場合は、精算者と振込口座名義人が不一致となり振り込めませんので注意してください。
  • ⑤ 日付
    領収書の日付を記入します。レンタカーを数日分一括で精算する場合は、最終利用日を記入します。
  • ⑥ 訪問先
    訪問した客先を記入します。買い物の場合は店名を記入します。研修などに参加した場合は主催者と参加した研修名を、社内行事であれば行事名を記入します。
  • ⑦ 利用路線
    レンタカーを借りた場合は「レンタカー」と、社用車のガソリン代を精算する場合は「社用車」と記入します。高速道路を利用した場合は「高速道路」と、駐車場を利用した場合は「○○パーキング」など駐車場名を記入します。イメージとしては領収書の発行者名を記入すると思ってください。
  • ⑧ 出発と到着
    高速道路を利用した場合は、出発欄は乗った「インター名」を記入します。到着欄は降りた「インター名」を記入します。レンタカーや社用車を利用した場合は空欄です。
  • ⑨ 片/往
    片道だけ利用したのか、往復利用したのかが判断できるように記入します。往復の場合の出発は往路の「乗ったインター」と「降りたインター」を記入します。高速道路は割引がありますから往復で料金が違うことがあります。通常は往路片道と復路片道として2行で記入します。領収書も往路と復路で2枚を貼付します。
  • ⑩ 金額
    レンタカー代・ガソリン代・高速料金とそれぞれの領収書の金額を記入します。そして、必ず領収書を貼付してください。

注意点 私有車を利用した場合はどうする?

緊急で私有車を使用した場合は、ガソリン代を精算します。利用額を特定することが難しいのですが、会社によって精算方法は決まっているので調べてください。

例えば、車通勤を認めている会社では、その基準に当てはめて計算します。移動距離から走行に使ったガソリン量をだして通勤費の計算に使うガソリン単価をかけて精算額とする方法です。

交通費精算書は必ず承認が必要

交通費精算書は必ず精算者の上長が承認した伝票に対して精算します。これは税務調査の問題ではなく社内の不正防止と牽制の問題です。

上長は部下の行動を把握して監督する責任を負っています。上長が承認していない伝票を経理担当者の判断で精算することのないように注意しましょう。多くの会社は権限規程があり、そこで承認権限を明確にしていますので確認してください。

まとめ

交通費の精算は細かな内容を記入しなければならず、精算する社員にとっても、確認する承認者や経理担当にとっても大きな負担です。交通費精算システムを導入し、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを利用すれば、使った経路を自動で読み取ることができ、業務負担はとても軽くなります。この機会に導入を検討してみてはどうでしょう。

こちらの記事もいかがですか?
参考記事:経費精算を効率化する方法!経費精算システム全42社を完全比較!
経費精算業務が面倒ではありませんか?
いまだにエクセル・紙でアナログに交通費精算・経費精算していませんか?

そんな方におすすめがクラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」です。

領収書を撮影するだけで99.9%の精度で自動入力されるだけではなく、Suicaやクレジットカードとも連携し、経費精算業務にかかる時間を1/10にします。
ぜひ詳細をこちらの公式サイトから確認してみてください。

また、実際に使った人の声や評判も気になりますよね?
そんな方には下記記事がおすすめです。
参考:クラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」の評判!導入事例を紹介


経費精算システムを導入し、社内業務の効率化に成功した7社の企業事例を記載した冊子を無料プレゼント
【無料ダウンロード】経費精算の効率化に成功した企業事例集7社!

また、下記では経理担当者に役立つ資料を掲載しています。

【無料ダウンロード】経理担当者のためのお役立ち資料ページ

ぜひご活用下さい