最高評価の経費精算システム「Dr.経費精算」の詳細を見る

レシート入力代行サービスのあるオススメ経費精算システム3選

「経費精算システムにはレシート入力の代行機能が欲しいが、どんな種類があるのかわからない..」
「実際のレシート入力の流れってどうなってるの?」

そんなお悩みはございませんか?
実はレシート代行入力といっても3つの方法があり、
①オペレーター入力
②OCR入力(機械入力)
③郵送(アウトソーシング型)

になります。それぞれの方法に長所と短所がございます。

本記事では長所と短所、対応サービスを解説していますので、悪いところも理解してサービス選定に活かすことができます。

また、対応サービスとしてDr.経費精算(オペレーター入力型)、MFクラウド経費(OCR入力型)、メリービズ(アウトソーシング型)の3種類を取り上げ、それぞれのメリット・デメリットを解説いたします。

レシート代行入力の3つの方法

レシート入力代行サービスとは面倒なレシートや領収書をデータ化してくれるサービスです。
主に3つの種類があります。

①人力入力(オペレーター入力型)
②OCR入力(機械入力)
③郵送(アウトソーシング型)

仕訳データ作成から会計ソフト連携までやってくれる会社もあれば、クラウド型経費精算システムの一つの機能としてレシート入力代行サービスが含まれているケースもあります。

これらの3つの種類については長所、短所があるため各要素について解説しています。

①オペレーター代行

オペレーター入力とは人間のオペレーターがレシート画像をみて金額や料金などを代行で入力することです。
例えば、ユーザーがレシート画像をスマホで撮影すると、オペレーターに送付され、情報が入力されます。

そのため、ユーザーがレシートや領収書の情報を手で入力する必要がありません。

  • メリット:入力の精度が高い、入力ミスがない
  • デメリット:人間が入力しているため料金がかかりがち
  • 向いている会社:領収書が多いコンサルティング業界、広告業界、メディア業界の企業
  • サービス例:Dr.経費精算、MFクラウド経費

②OCR入力(機械読み取り)

OCR入力とは機械読み取りとも呼ばれ、アプリにより文字を自動認識する技術です。
コンビニやスーパーなど一般的なレシートであれば正確な情報を読み取れる一方で、手書きの文字やぶれたレシートを正確に読み取ることができないことが弱みです。

  • メリット:低コスト、瞬時にデータ化できる
  • デメリット:入力の精度が低い、手入力で修正が必要
  • 向いている会社:金額を抑えてサービスを利用したい。
  • サービス例:MFクラウド経費、楽楽精算

③郵送(アウトソーシング型)

こちらはレシートや領収書をダンボールにつめて郵送することで、仕訳データ作成やデータ入力をアウトソーシングする方法です。
郵送するだけで完了するため、担当者の負担がへることがメリットとしてあげられます。

一方で、従業員ごとのデータを作成することは難しいため、多くの従業員を抱える企業での

  • メリット:アウトソーシングで丸投げできる
  • デメリット:社員ごとのデータ化が難しい。会社ごとになる、プライバシーの懸念
  • 向いている会社:小規模の会社、会計事務所、税理士事務所
  • 次に、レシート入力代行型のオススメ経費精算システムをご紹介します。

レシート入力代行型のオススメ経費精算システム3選

① Dr.経費精算【オペレーター代行入力】

  • 種類:オペレーター代行
  • 利用者がレシートの写真を取り、アプリに載せる。
  • 価格:月額980円 ※10ユーザー以上の場合
  • レシート撮影枚数は無制限(何枚でも980円)
  • 2000人もの日本人オペレーターがレシートのデータ化をしてくれる。

利用者は、レシートをスマートフォンで撮影してアプリ上に載せるだけです。面倒な入力・データ化は、2000人もの熟練のオペレーターが代行するため、利用者の手間が大幅に削減でき、入力ミスも防ぐことができます。また、経理担当者の業務負担を軽減する機能も数多く備えており、不正経費申請や入力ミスを防ぐ経費アラート機能や会計ソフト連携機能を備えています。

公式サイト:https://www.keihi.com/

 

②MFクラウド経費精算【OCR入力】

  • 種類:OCR入力+オペレーター入力
  • 利用者がレシートをスマホで読み取ると、アプリ内で瞬時にデータ化されます(OCR)
  • オペレーター入力の場合レシート1枚につき20円
  • サービス月額料金は500円〜900円
  • OCR入力では、データ化作業を利用者が行うため、低コストです。また、瞬時に読み取ってデータ化できます。

OCRえは読み取り精度が低いため、自分で誤りを訂正して入力する必要があります。

なお、「エンタープライズプラン」に登録するとオペレーターによる入力が可能です。レシート一枚あたり20円の追加料金少し料金が発生しますが、精度の高いデータ化が望めます。

公式サイト:https://biz.moneyforward.com/expense

③メリービズ【郵送・アウトソーシング型】

メリービズ

  • 種類:郵送
  • 会社単位でレシートを集めて、そのものを郵送する。
  • 価格:9980円/月
  • メリービズ側のオペレーターがデータ化してくれる。
  • 注意:社員ごとに分けることはできない

仕組みは、1番目にお伝えしたDr.経費精算と同じ「人による入力」なので、精度は高いです。また、レシートを貼ることなく、ごちゃ混ぜにしてファイルに入れて送るだけなので、非常に楽と言えます。

しかし、利用者ごとに分けて経費を精算をする仕様は無いため、規模の大きめの会社よりはむしろ、個人事業主の方にオススメです。

公式サイト:https://merrybiz.jp/


経費精算にかかる時間が1/10へ!おすすめのクラウド型経費精算システム
参考:クラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」をおすすめする理由とは?導入事例を紹介

また、日本国内で流通しているほぼすべての経費精算サービスを網羅した記事はこちら
参考:【完全比較】経費精算システム全42社から選ぶべきたった3社とは?