最高評価の経費精算システム「Dr.経費精算」の詳細を見る

【軽減税率】区分記載請求書と適格請求書って何が違うの?書き方を解説!

軽減税率請求書アイキャッチ

平成31年度(2019年)10月1日から導入される軽減税率に伴い区分記載請求書を書かなければならないですよね。

しかし、「どのように書き方が変わるのか分からない」
「平成35年度(2023年)から始まる適格請求書との違いが分からない」

という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、これまでの請求書等保存方式から、平成31年の軽減税率試行に合わせて使う義務がある区分記載請求書等保存方式、平成35年から使用する義務がある適格請求書等保存方式の違いを国税庁の資料をもとに解説しています。

これを読めばあなたも軽減税率で用いる義務が発生する2種類の請求書等保存方式での変更点をすっきりと理解できるはずです。

それぞれの請求書の画像を用いて解説しているいるので、画像と説明を合わせて読んでください。

経理部の作業時間90%削減!「Dr.経費精算」

  この記事をお読みの方で、「経費精算システム」をお探しの方がいらっしゃいましたら、「Dr.経費精算」を検討してみましょう。下記のメリットがあります
  • 領収書を撮影するだけ!99.9%の精度で自動入力
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!チェックや手入力の手間がなくなる
 

適格請求書等保存方式の使用はいつから?

  • 現在
    請求書等保存方式
    現在使われている請求書等保存方式です。
  • 2019年(平成31年)10月1日から
    区分記載請求書等保存方式
    平成31年10月1日から現在使用されている請求書等保存方式は使えなくなります。
  • 2023年(平成35年)10月1日
    適格請求書等保存方式
  • 更に平成35年からは適格請求書等保存方式を使用する必要があります。

現在使われている請求書は2019年10月1日の消費税引上げ、軽減税率導入のタイミングで区分記載請求書等保存方式による請求書の発行を行う必要があります。また、2023年からは免税事業者からの仕入額控除の制限が始まりますので、適格請求書等保存方式、通称インボイス制度が導入されます。皆さんは、この2種類の変更に対応する必要があります。

2019年10月1日から2023年10月1日までの区分記載請求書等保存方式での変更点は?

区分記載請求書保存方式

出典:国税庁

変更点1つ目!請求書に2点追加する必要がある

区分請求書等保存方式は現在請求書等保存方式で記載されている項目に加えて以下太字の2点が追加されます。

・発行者の氏名または名称

・取引年月日
・取引内容
・価格
・受領者
・軽減税率の対象品目である胸

・税率ごとに合計した対価の額

また、追加される点は請求書に不備があった場合後日でも追加することができます。

変更点2つ目!会計ソフトでも同様に追加する必要がある。

さらに、会計ソフトを使用している場合は消費税区分に軽減税率の対象であることが請求書に表示できれば大丈夫です。古いソフトを使用していると軽減税率であることが記載できない可能性があります。その場合は買い替える必要がありますが、買い替えで生じた費用は補助金が出されます。

また、3万円未満の取引では軽減税率の対象であるか記載されていることが帳簿に保存されているだけでも問題がないとされています。

まとめると、2019年10月1日からの変更は以下の2点です。

・請求書に2点追加する必要がある

・会計ソフトでも同様に追加する必要がある

2023年10月1日から導入の適格請求書等保存方式の変更点は2つ

2023年10月1日から導入される適格請求書等保存方式は区分記載請求書等保存方式にさらに2点追加する必要があります。
具体的には下記の2点が追加されます。

・税率ごとに区分して合計した課税資産の譲渡等の対価の額(税込または税抜)および適用税率
・税率ごとに区分して合計した消費税額等(消費税額および地方消費税額の合計額)

インボイス方式

出典:国税庁

この制度で使用される的格請求書がないと、仕入税控除ができずに余計に納税する必要があります。

現在から区分請求書等保存方式からの追加点は太字で示した2点、区分請求書等保存方式から適格請求書等保存方式からの追加点は赤字で書いた2点です。

・発行者の氏名または名称

・取引年月日
・取引内容
・価格
・受領者
・軽減税率の対象品目である胸
・税率ごとに合計した対価の額
・税率ごとに区分して合計した課税資産の譲渡等の対価の額(税込または税抜)および適用税率

・税率ごとに区分して合計した消費税額等(消費税額および地方消費税額の合計額)

注意! 適格事業者以外から仕入れを行った時は2029年9月30日まで控除が受けられる

  • 平成35年(2023年)10月~平成38年(2026年)9月
    80%控除可
    仕入れ税額相当額の80%が控除される
  • 平成38年(2026年)10月~平成41年(2029年)9月
    50%控除可
    仕入れ税額相当額の50%が控除される
  • 控除不可
    全く控除されない

注意! 適格請求書発行事業者になるためには届け出が必要

免税事業者が適格請求書発行事業者になるには、消費税課税事業者選択届出書を提出して課税事業者にならなくてはいけません。しかし、通常は課税事業者選択届出書を提出した課税期間の翌課税期間から課税事業者になるので、すぐに適格請求書を発行することができません。

まとめ

今回は平成31年(2019年)10月1日、また平成35年(2023年)10月1日から導入させる2つの請求書の変更点について国税庁が発表した画像をもとに説明していきました。これで軽減税率施行に伴う請求書の種類の変更にはついていけるはずです。

こちらの記事もいかがですか?
参考記事:経費精算を効率化する方法!経費精算システム全42社を完全比較!
経費精算業務が面倒ではありませんか?
いまだにエクセル・紙でアナログに交通費精算・経費精算していませんか?

そんな方におすすめがクラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」です。

領収書を撮影するだけで99.9%の精度で自動入力されるだけではなく、Suicaやクレジットカードとも連携し、経費精算業務にかかる時間を1/10にします。
ぜひ詳細をこちらの公式サイトから確認してみてください。

また、実際に使った人の声や評判も気になりますよね?
そんな方には下記記事がおすすめです。
参考:クラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」の評判!導入事例を紹介


経費精算システムを導入し、社内業務の効率化に成功した7社の企業事例を記載した冊子を無料プレゼント
【無料ダウンロード】経費精算の効率化に成功した企業事例集7社!

また、下記では経理担当者に役立つ資料を掲載しています。

【無料ダウンロード】経理担当者のためのお役立ち資料ページ

ぜひご活用下さい