リース取引の会計処理や仕訳のポイントは?分かりやすく解説!

経理部の業務時間90%削減!!『Dr.経費精算

経費精算の業務量を減らしたい・・
経費精算の入力ミスが多い・・

そんなお悩みを抱える方には『Dr.経費精算』がおすすめ!

  • 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!99.9%の精度でチェック必要なし!
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!

  • 資料無料ダウンロードはこちら

    【業界最多!!】経費精算システム比較こちらから

    「リース会計って聞いたことはあるけど難しそう」

    と感じる経理担当の方は多いと思います。

    でも、実はリース取引の種類は大きく分けて以下の3種類だけです。

    • 所有権移転ファイナンスリース
    • 所有権移転外ファイナンスリース
    • オペレーティングリース

    そして、仕訳自体は2種類だけ
    減価償却と費用の支払いの組み合わせなので複雑ではありません。

    難しく感じるのは「現在価値の考え方」ですが、計算方法は非常に単純です。
    リース会計についてすぐに業務に活かせる、仕訳事例付きで説明します。

    リース取引は3種類

    リース取引は3種類あります。
    class=”sng-box box6″>

    ・所有権移転ファイナンスリース
    ・所有権移転外ファイナンスリース
    ・オペレーティングリース

    それぞれ会計処理が異なります。どのリース取引にあたるのか確認しましょう。

    ファイナンスリース

    3種類のうち2種類はファイナンスリースです。
    以下の2つの条件を満たせばファイナンスリースにあたります。

    ・解約不可
    リース期間中の中途契約は不可、もしくは中途契約する場合は未払いのリース料のおおむね全額を支払う契約であること。

    ・フルペイアウト
    資産の借り手がすべてのコスト(資産本体や維持管理のための費用など)を支払う契約であること

    ファイナンスリースは固定資産を借入金で買って、分割返済する取引をイメージするとわかりやすいですね。

    ファイナンスリースは2種類に分類されます。

    ・所有権移転ファイナンスリース リース期間が終わったら資産が借手のものになる。
    ・所有権移転外ファイナンスリース リース期間が終わっても資産が借手のものにならない。

    日本で行われているリース取引の多くが2.所有権移転外ファイナンスリースにあたります。

    オペレーティングリース

    資産を借りているだけ、の状態がオペレーティングリースです。
    言い換えると、ファイナンスリースの条件である、「解約不能」「フルペイアウト」の条件を満たさない取引です。リース期間が終わったら資産を返却しますし、故障時の補償は貸し手が行います。

    オペレーティングリースと混同されがちなのが「レンタル」取引です。

    オペレーティングリースとレンタルの大きな違いは、借り手が資産を指定するかどうか。

    オペレーティングリースは借り手が資産を指定し、リース会社が資産を新たに調達して貸し出すのが一般的です。一方でレンタルは借り手が資産を選ぶことができません。貸し手は中古の資産を不特定多数に貸し出します。DVDのレンタルやレンタカーを思い浮かべるとわかりやすいですね。

    リース取引の仕訳

    上述の通り、リース取引は所有権移転・所有権移転外のファイナンスリース2種類とオペレーティングリースの3種類があります。
    それぞれの仕訳を見ていきましょう。

    前提条件:年間100円で装置を3年間リースする。割引率は2%。

    所有権移転ファイナンスリースの仕訳

    リース期間が終わったら資産が借手のものになる契約。借入金で資産を購入したのと同じ考え方でしたね。まずは仕訳を見ていきましょう。それぞれの金額の算出方法は後述します。

    ≪契約時の仕訳≫
    class=”sng-box box2″>

    リース資産 288円 / リース債務 288円

    リース契約した資産をB/Sの資産として計上します。
    相手勘定はリース債務。借入金で資産を購入した、というイメージです。

    ≪リース料100円を支払った時の仕訳≫
    class=”sng-box box2″>

    リース債務100円 / 現金 100円

    支払利息 6円   / リース債務 6円

    リース料を支払った分、リース債務を返済した、という仕訳です。
    しかし、リース債務は借入金です。借入金には利息がつきます。

    100円まるごとリース債務の返済に充てることはできません。
    6円が利息の返済にあたるので利息分はリース債務を増やす仕訳になっています。

    したがって、この時点でリース債務は

    288円(リース債務計上時)ー100円(リース料の支払い額)+6円(リース債務の利息)=194円

    となります。

    ≪期末の仕訳≫
    class=”sng-box box2″>

    減価償却費 96円 / リース資産 96円

    通常の資産と同じように減価償却費を計上します。
    繰返しになりますが、借入金で資産を購入した、というイメージです。
    したがって、通常の資産と同様に減価償却費を計上します。

    所有権移転ファイナンスリース リース資産計上額の算出方法

    リース資産の計上額を見て「あれ?300円じゃないの?」と疑問を持った方もいらっしゃるはず。
    契約時にリース資産に計上する金額の算出方法は次の通りです。

    ⅰ貸し手が資産を購入した金額

    ⅱⅰがわからなければリース料支払い総額の現在価値

    ⅰがわかればよいですが、リース会社も資産をいくらで買ってきたか、教えてくれることは少ないでしょう。
    となると、一般的にⅱの「リース料支払い総額の現在価値」でB/Sに資産を計上することになります。

    「現在価値」とは、〇年後のお金××円を現在の価値に直したら、という考え方。
    お金を銀行に預けると利息が付きますね。(実際は非常に少ないですが…)

    例えば、年間1%の利息がつくとすると、

    現在の100万円=1年後の101万円

    です。

    このとき、「1年後の101万円を現在価値に割り引くと100万円になる」と言います。

    リース資産のB/S計上額の話に戻ります。先ほどの事例の前提条件は以下の通りです。

    前提条件:年間100円で装置を3年間リースする。割引率は2%。

    貸し手が資産を購入した金額がわからない場合、リース資産のB/S計上額はリース料支払い総額の現在価値です。したがって、リース資産のB/S計上額の計算方法は次のようになります。
    class=”sng-box box2″>

    100/(1.02)1+100/(1.02)2+100/(1.02)3=288

    100/(1.02)1は利率2%のとき1年後の100円の現在価値を、

    100/(1.02)2は利率2%の時2年後の100円の現在価値を、

    100/(1.02)3は利率2%の時3年後の100円の現在価値を、

    それぞれ表しています。

    所有権移転外ファイナンスリースの仕訳

    所有権移転外ファイナンスリースは原則としては所有権移転ファイナンスリースと同様の仕訳を行います。(原則法)

    ただし、所有権移転外リースは以下の場合、簡便処理が認められています。

    借主が中小企業である場合で、

    リース期間が1年以内のリース契約もしくは

    リース契約1件当たりのリース料総額が300万円以下

    の場合

    この場合は、リース料を費用処理することが認められています。(簡便処理)

    仕訳は以下の通りです。
    class=”sng-box box2″>

    リース料 100円 / 現金 100円

    中小企業におけるリース契約のほとんどがこの仕訳で対応できます。リース資産およびリース債務のB/S計上は不要です。それに伴う減価償却の仕訳やリース債務返済の仕訳も不要です。

    オペレーティングリースの仕訳

    資産を借りているだけの状態であるオペレーティングリースについては仕訳は単純です。
    リース料を費用処理します。
    class=”sng-box box2″>

    リース料 100円 / 現金 100円

    使用権移転外ファイナンスリースの簡便処理とオペレーティングリースの会計処理は同じです。

    オペレーティングリースとファイナンスリース の違いは?

    オペレーティングリースは賃貸取引、ファイナンスリースは売買取引です。

    ファイナンス=金融なのでお金を借りて物を買う、と覚えるとわかりやすいです。

    所有権移転ファイナンスリースと所有権移転ファイナンスリースの仕訳の違いは?

    原則法であれば基本的に同じ仕訳です。ただし、一部の取引については所有権移転外ファイナンスリースは簡便的な処理が認められており、オペレーティングリースと同じように費用処理が可能です。

    リースしていたコピー機を中途解約した際の仕訳は?

    コピー機は通常、ファイナンスリースです。すでにリース資産・リース債務が計上されています。これを取り崩し、未償却残高をリース資産除却損として処理します。

    リース資産減価償却累計額/ リース資産
    リース資産除却損

    また、中途解約には解約料がかかります。リース債務との差額をリース解約損として処理します。

    リース債務 / 現金
    リース解約損

    リース取引の会計処理・仕訳まとめ

    以下の2つの要件を満たせばファイナンスリース、満たさなければオペレーティングリースにあたります。
    ・途中解約不可
    ・フルペイアウト

    ファイナンスリースは以下の2つに分けられます。
    ・所有権移転ファイナンスリース
    ・所有権移転外ファイナンスリース
    リース期間満了後に資産が借手のものになるのなら所有権移転、そうでなければ所有権移転外です。

    ファイナンスリースの仕訳の流れは一般的に以下の通りです。

    ≪契約時≫
    class=”sng-box box2″>

    リース資産 288円 / リース債務 288円

    ≪リース料支払い時≫
    class=”sng-box box2″>

    リース債務100円 / 現金 100円

    支払利息 6円   / リース債務 6円

    ≪期末≫
    class=”sng-box box2″>

    減価償却費 96円 / リース資産 96円

    オペレーティングリースの仕訳は以下の通りです。

    ≪リース料支払い時≫
    class=”sng-box box2″>

    リース料 100円 / 現金 100円

    リース会計はとっつきにくい印象がありますが、仕訳の考え方は合理的でわかりやすいものです。
    この機会に理解して業務に役立ててください。

    社用車 リース 購入 比較』について気になる方はこちら

    社用車はリースと購入どちらがお得か比較!メリットとデメリット!