経費精算の代行はどこがオススメ?【2019年版まとめ】

経理部の業務時間90%削減!!『Dr.経費精算

経費精算の業務量を減らしたい・・
経費精算の入力ミスが多い・・

そんなお悩みを抱える方には『Dr.経費精算』がおすすめ!

  • 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!99.9%の精度でチェック必要なし!
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!

  • 資料無料ダウンロードはこちら

    【業界最多!!】経費精算システム比較こちらから

    「交通費や接待費などの経費の精算業務が大量にあるので、業務を効率化したい」

    多くの会社でこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

    実際、私自身も財団系の団体で8年経理担当に従事している中で常に頭を悩まされた問題でした。

    経費精算の業務を効率化したい、そのためにはどういったサービスがいいんだろう?

    経理担当での会議では、毎回議題にあがるテーマです。

    このページでは、経費精算の代行サービスについて、経費精算の代行・アウトソーシング、領収書入力代行サービス、アウトソーシングや領収書入力サポートのあるクラウド型の経費精算システム「Dr.経費精算」を紹介しています。

    経費精算の代行・アウトソーシングとは?

    経費精算の代行・アウトソーシングでは、経費精算で発生した業務を文字通り「代行」してくれます。

    従業員からの経費に関する問い合わせや経費データの承認、会計ソフトの入力といった作業を会社内、もしくはデータや領収書を送信・送付することで経費精算業務を代行してくれます。代行サービスの中には従業員からの問い合わせの窓口にもなってくれるものも多く、経費精算業務を文字通り軽減してくれる存在です。

    経費精算をアウトソーシングするメリットは「手間の削減」

    上述のように、経費精算をアウトソーシングすれば、提出された領収書のチェック作業から会計システムへの入力、振込データ作成などの業務を肩代わりしてくれます。アウトソーシングのメリットは、こういった手間の削減、業務の効率化にあります。

    また、社内で業務を行った場合、経理担当者が離職したときに業務が安定しないケースがありますが、アウトソーシングではそういったデメリットがありません。

    経費精算をアウトソーシングするデメリットは「社外に業務を出すタイムラグ」

    経費精算業務をアウトソーシングする場合、社外に業務を出してしまうという関係上、どうしても社内で精算業務を行うのと比べタイムラグが発生してしまいます。ちょっとした誤りの訂正などイレギュラーなできごとがおこった場合も同様です。

    また、完全に経費精算の業務を社外に出してしまうため、社内に経費精算の業務内容やフローがノウハウとして蓄積されないというデメリットもあります。

    経費精算の領収書入力代行とは?

    経費精算業務の代行サービスのひとつに、領収書の入力代行サービスがあります。大量の領収書の整理や管理、入力を代行してくれるサービスです。領収書の入力だけでなく、仕訳データの作成から会計ソフトへの入力までカバーする会社や経費精算システムと連携したサービスまであります。

    領収書代行入力サービスには、入力の方法により以下の3つの方法に分類されます。

    1. オペレーター入力
    2. OCR入力
    3. 郵送(アウトソーシング型)

    OCR入力、いわゆる機械読み取りのタイプでは、アプリにより文字を自動認識します。低コストで瞬時に金額や内容をデータ化できるメリットがある反面、手書きの領収書などは正確に読み取りできないデメリットがあります。

    郵送(アウトソーシング)型では、領収書を郵送するだけでよいので経理担当の負担はかなり軽減できます。ただし、社員ごとのデータ化が難しく、郵送する関係上、タイムラグや郵送している時の紛失などのリスクもあります。

    それぞれの方式を比較すると、入力精度が最も高く、手書きの領収書も問題なく処理できるオペレーター入力がおすすめです。利用者が領収書をスマホで撮影して送信するだけで、人間のオペレーターがレシート画像を目で見て入力してくれるので、利用者側の作業の負担が劇的に改善します。

    こちらの記事でも、わかりやすく解説していますので、ぜひご覧になってください。

    参考記事:領収書レシート入力代行の3つの方式を解説!おすすめアプリ5選も!

    経費精算の代行・アウトソーシングができるサービスとは?

    メリット・デメリットさえ押さえてさえいれば、経費精算業務の代行・アウトソーシングはコスト・業務の両面で費用対効果の大きいサービスです。特に小規模企業では、1人の従業員にかかる業務の範囲が広く、経費精算業務まで処理する人的リソースが不足しているケースが多く見られます。

    また、300人規模の企業で経費精算業務の大幅な効率化とともにコストも半分以下になったという試算もあります。経費精算の代行・アウトソーシングについては、下の記事でオススメサービスを徹底比較していますのでご参照ください。

    下記の記事では、どれくらい入力が自動化されているのか、アウトソーシングの業務内容の範囲はどれくらいか、会計ソフトとの連携はどうなっているのかという3つの側面から、経費精算のアウトソーシング会社を比較しています。

    ぜひご覧ください。

    参考:国内の経費精算アウトソーシング会社7社を全て【完全比較】してみた!

    経費精算のアウトソーシング+入力代行どちらもできるのは「Dr.経費精算」だけ!

    経費精算業務の効率化で最近注目を集めているのが、クラウド型の経費精算システムです。従来のオンプレミス型の経費精算システムのように自社内にシステムを構築する手間とコストがかからなく、安価に簡単にシステムを利用できるのがメリットです。

    なかでも「Dr.経費精算」は、領収書レシートの自動入力から領収書と経費データの突合・チェック作業までを一貫して行える経費精算システムです。

    まず、従業員が領収書を撮影すると、日付や金額が自動入力されます。
    オペレーターが入力するため、精度は99.9%で、入力間違いは一切発生しません

    経費精算システムの場合、領収書とデータのチェック作業を経理部が行わなくてはならず、従業員も領収書原本を提出しなければいけません。

    Dr.経費精算ではこうした課題も解決され、領収書原本とのチェック・突合せ作業まで代行します。
    < 公式サイト/Dr.経費精算

    経費精算はアウトソーシングがいい? それともシステム導入で領収書の入力代行がいい?

    これまで経費精算業務の効率化では、アウトソーシングが一般的でした。従来の経費精算システムでは、オンプレミス型といって自社内でシステムを構築する手間とコストがかかり、それならばアウトソーシングの方がよいと判断されていたためです。

    現在では、クラウド型の経費精算システムが主流となり、システム導入の手間とコストは大幅に削減されています。なかでもDr.経費精算」では、領収書の自動入力からチェック作業まで一貫したサービスが行え、経理担当だけでなく経費申請をする従業員の負担まで軽減してくれます。

    クラウド型のシステムなので、入力されたデータは経費精算システムへと反映されます。領収書の郵送の必要もないのでアウトソーシングの場合にどうしても生じるタイムラグのデメリットもありません。また、完全に社外に経費精算業務を出してしまうわけではないので、経費精算業務の一定のノウハウも蓄積されていきます。

    経費精算業務の効率化をお考えなら、ぜひクラウド型の経費精算システムの導入を検討してみてください。

    特に「Dr.経費精算」では、アウトソーシングの大きなメリットである領収書入力の代行や会計ソフトへの入力といった手間の削減でも大きな効果を期待できるのでおすすめです。