最高評価の経費精算システム「Dr.経費精算」の詳細を見る

freee記帳入力代行に対応したサービス7選を解説!メリットも

freeeを使っていて、こんなお悩みはありませんか?

・クラウド会計サービスは記帳代行、入力代行を委託しづらい
・領収書をデータ化していないため結局紙を保存しなければならない
・紙ベースの領収書とクラウド上の仕訳が紐付かず確認に余計に時間やコストがかかる

クラウド型の会計サービスは企業数値を扱うため、委託側だけでなく受託側にも相応のセキュリティ及びITスキルが必要です。現状の記帳代行、入力代行の会社はエクセル等をベースにしているため、クラウド会計サービスに対応している会社は少ないと言えます。

一方で、freeeは認定アドバイザーという制度を導入しており、どの程度freeeを活用できているかに応じて、5段階での評価を行なっております。

そこで今回は、経理・会計代行、記帳代行、freee導入/運用サポートに対応したサービスのうち5つ星認定を受けている事務所と、委託するメリットをご紹介します。

また、記帳代行サービスの料金相場やメリット・デメリットについては下記記事をご覧ください。

経費 どこまで記帳代行サービスとは?料金や導入メリットを解説!

freee記帳代行プランとは?概要を解説

freee記帳代行プランの概要は以下の通りです。通帳データ化や申告など便利なサービスがたくさんありますね。認定アドバイザー制度による記帳代行/入力代行も他社サービスと違い、安心感があります。

freeeサービス

転載元:https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/360001316746-freeeで領収書-通帳をデータ化して記帳代行業務を効率化する

freee記帳代行に対応の経理アウトソーシングサービス7選を紹介!5つ星認定事務所のみ!

本章ではfreeeの記帳代行やアウトソーシングに対応したサービスを7つ紹介いたします。
すべてfreeeの認定アドバイザーで5つ星をとった事務所のみを紹介いたします。

①リライル会計事務所

リライル会計事務所

  • 特徴:Freeeの導入実績全国第1位を誇る会計事務所。遠隔地対応や全国訪問にも対応。
  • 住所:渋谷区道玄坂1-19-13    トップヒル並木5F
  • TEL:03-6427-0671
  • URL:http://itsutake.com

②税理士法人つばめ

ツバメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 特徴:経理代行だけでなく、IPO(新規上場)やJ-SOX(内部統制)にも対応可能。
  • 住所:〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-10-15 エキスパートオフィス渋谷
  • TEL:03-6271-8777
  • URL:https://tsubametax.jp

③SORA株式会社

SORA

 

 

 

 

 

 

 

  • 特徴:法人内にソフトウェアアドバイザーやデータスペシャリストが在籍。ITへの強みを活かした提案も。
  • 住所:東京都渋谷区恵比寿南3丁目1番24号 HERMES BLDG #303
  • TEL:03-6451-0655
  • URL:http://sora-tokyo.com/members.html

④ユアクラウド会計事務所

ユアクラウド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 特徴:クラウド会計専門の会計事務所。海外含め遠隔地対応可能。月額費用以外の決算申告は驚異の0円。
  • 住所:〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1丁目1−3
    日本生命内ガーデンタワー3階 株式会社クラウドパートナーズ
  • TEL:03-6868-0916
  • URL:https://ur-cloud.jp

⑤小松秀一朗公認会計士事務所

小松

 

 

 

 

 

 

  • 特徴:西日本最大規模を誇るfreeeの導入実績をもつ事務所。IPO(新規上場支援),各種補助金申請も対応可能。
  • 住所:摂津市南千里丘
  • TEL:080-4015-151
  • URL:http://sk-accountant.com

⑥No.1税理士法人

  • 特徴:freee導入から最短最速で5つ星認定アドバイザーを取得。日本政策金融公庫とも連携しており、創業融資、助成金などに強み。
  • 住所:〒105-0004  東京都港区新橋2-13-8 新橋東和ビル4階
  • TEL:0120-371-910
  • URL:https://www.number-1zh.jp

⑦近江清秀公認会計士税理士事務所

近江

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 特徴:兵庫県で最も積極的にfreeeの導入に取り組んでいる会計事務所。Freeeのみの運用・導入サポートも可能。
  • 住所:兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸 国際会館17階
  • TEL:078-959-8522
  • https://www.marlconsulting2.com

freee記帳入力代行が可能な事務所へ委託するメリット

freeeでの記帳入力代行を外部へアウトソーシングするメリットを紹介します。ぜひご参考ください

メリット① リアルタイムに数字を把握できる

Freeeはクラウド型の会計システムですので、領収書等の基礎データを元に、クラウドサーバ上に会計数値が保存されていきます。通常の記帳代行ですと、領収書を送って、エクセル等に記帳してもらい、エクセルデータを会計システムに取り込んで・・・と手間がかかりますが、freeeを利用できる会計事務所へ委託すれば、会計事務所側で入力した数値を、事業所でリアルタイムで確認することができます。

小規模会社の経理担当ですと、人事や総務、法務なども兼務していることが多く、経理のみに時間を取ることが難しいはずです。そんな時に、会計事務所が入力したデータをリアルタイムで確認できることで、「待つ時間」を減らすことができます。

また、修正事項がある場合、通常の経理代行だと、届いたエクセルファイルを参照して、間違いに気づいて会計事務所に連絡するも、会計事務所は営業時間外・・・翌日に迫った決算書作成期日に間に合わず、仕方なく自分でやり直しなんてことありますよね。

freeeであればチャットやメールを1本入れるだけで会計事務所に修正してもらい、クラウド上ですぐに内容を確認できます。決算書の作成や経営者への報告が迫っている時には非常に便利ですね。

メリット② 領収書・通帳をデータ化できる

Freeeは各種データ化サービスを含む「記帳代行3.0」というサービスがあります。これを利用すると、freee側で紙の領収書や通帳をスキャンし、会計事務所へ共有してもらえます。

実はこのサービス会計事務所側にもメリットがあり、「自動で経理」という機能を使えば、通帳の入出金データやクレジットカードの明細データが自動で仕訳され、人件費コストを抑えられます。

会計事務所側で人件費コストが下がるということは、その分事業者側への請求額も抑えられますので、双方にメリットがありますね。Freeebが対象にしている小規模の会社は、経理周りの管理を外部に委託したい一方で、コストは最大限抑えたいニーズがあるはずですので活用したいですね。

また、データ化した証憑ファイルは各仕訳と紐づく形で「PDF」として保存されますので、従来税務調査時に紙で印刷した膨大な仕訳帳を税務官に提出して、指摘があるたびに別ファイルの証憑を探して・・・というような悩みも一挙に解決です。

メリット③ 損益や資金繰りの自動生成

Freeeで入力したデータは、単なる記帳代行としての機能だけではなく、月次ベースの損益や資金繰りの作成などの管理会計への変換もできます。

経理部員の業務時間の大半が、月次決算とこの管理会計です。月次決算完了と同時並行で数値を集計して、部門別の損益をエクセルで計算して、残高をチェックして、さらには、キャッシュの出入りを仕訳から判別して集計・・・これらの作業が経理部員の業務煩雑さに繋がっていると言っても過言ではありません。

Freeeの管理会計面の機能を活用することで、月次決算完了と同時に、仕訳ベースで集計した損益と資金繰り表が自動で作成できるため、いち早く経営者へ報告を行うことが出来ます。

小規模の会社ですと、まだ管理会計の機能も薄いと思いますので、freeeの機能を使って、低コストで管理会計面の強化を行うこともできるため、経理部の評価も上がること間違いなしです。

メリット④ 人事労務ソフトとの連携

Freeeはクラウド型のサービスとして人事労務freeeを用意しています。小規模の会社では経理と人事を兼務しているパターンも珍しくないため、決算と同時並行で給与計算を行うことも当たり前です。

会計事務所の中には社労士を雇用しているところもありますので、freeeを活用することで経理業務と労務管理を一気に委託することができます。兼務している側からすると、決算と年末調整の時期が被ったりすると目も当てられないぐらい忙しいですが、freeeを活用することで、その繁忙さを解消することができます。

終わりに

本記事では、freee対応可能な事務所と代行サービスを利用するメリットをご紹介しました。本記事でご自分にあったサービスを探してくださいね。

下記の記事もぜひご参考ください。

業界人が語る「freee経費精算」【評判・スマホアプリ・料金】

こちらの記事もいかがですか?
参考記事:経費精算を効率化する方法!経費精算システム全42社を完全比較!
経費精算業務が面倒ではありませんか?
いまだにエクセル・紙でアナログに交通費精算・経費精算していませんか?

そんな方におすすめがクラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」です。

領収書を撮影するだけで99.9%の精度で自動入力されるだけではなく、Suicaやクレジットカードとも連携し、経費精算業務にかかる時間を1/10にします。
ぜひ詳細をこちらの公式サイトから確認してみてください。

また、実際に使った人の声や評判も気になりますよね?
そんな方には下記記事がおすすめです。
参考:クラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」の評判!導入事例を紹介


経費精算システムを導入し、社内業務の効率化に成功した7社の企業事例を記載した冊子を無料プレゼント
【無料ダウンロード】経費精算の効率化に成功した企業事例集7社!

また、下記では経理担当者に役立つ資料を掲載しています。

【無料ダウンロード】経理担当者のためのお役立ち資料ページ

ぜひご活用下さい