最高評価の経費精算システム「Dr.経費精算」の詳細を見る

給与計算代行・アウトソーシング4選の料金を徹底比較!メリットや相場も

給与計算には残業代の計算や社会保険料の納付、年末調整や雇用保険料の納付などの季節的な業務といった様々な作業がありますが、
専門的に業務を担当できる社員が不足していてお困りの会社も多いのではないでしょうか?

今回は給与計算担当者の負担を軽減しながら業務の効率化を図るための代行・アウトソーシングのメリットや相場をご紹介していきます。

ぜひこの機会に給与計算代行・アウトソーシングを導入した場合、どのような悩みが解決できるのか説明していきますので参考にしてみてください。

経理部の作業時間90%削減!「Dr.経費精算」

  この記事をお読みの方で、「経費精算システム」をお探しの方がいらっしゃいましたら、「Dr.経費精算」を検討してみましょう。下記のメリットがあります
  • 領収書を撮影するだけ!99.9%の精度で自動入力
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!チェックや手入力の手間がなくなる
 

給与計算代行・アウトソーシングとは?

給与代行・アウトソーシングとは、自社の社員が行っている給与計算等の業務を外部へ委託して代行してもらうことです。

アウトソーシングの委託先は大きく2つに分けられます。1つは税理士へ委託する場合で、もう1つは社会保険労務士に委託する場合が挙げられます。それぞれ委託できる内容も違いますが、委託する側の社員数によっても料金が異なってきますので、予め確認しておくことが大事です。

担当者の負担を軽減し業務の効率化を見直したい場合は、代行・アウトソーシングでの外部への業務委託がおすすめです。

給与計算代行でアウトソーシングできる業務は?

アウトソーシングできる業務は、以下に挙げた内容になります。

・給与、賞与の計算や振込み
・年末調整
・タイムカードの集計
・勤怠管理
・特別徴収の届出代行
・労働保険の手続き

上記以外に、税理士や社会保険労務士によりオプションとしている業務もあります。

経理業務を全体としてアウトソーシング・代行依頼したいという方は下記記事をどうぞ

経理業務をアウトソーシング・外注できる7社を【完全比較】してみた

給与計算代行・アウトソーシングを導入する4つのメリット

給与計算を代行・アウトソーシングする場合、4つのメリットがあります。外部に委託するのはとても不安なことですが、たくさんのメリットが期待できるのであれば検討を考える企業もあるのではないでしょうか?ではどのようなメリットがあるのか見てみましょう。

メリット①担当者の負担とコストを軽減

給与計算は会社によって残業代などの計算の方法が違ってきます。特に多くのアルバイトを雇用している場合には、担当者は細かな計算などの作業が多いため残業しなければならない日もあるでしょう。

アウトソーシングを導入することにより面倒な計算をする必要もなくなるので、担当者の負担も軽減され残業代などのコストを削減することができます。

メリット②最新の法改正に対応

給与計算においての法令や税制の改革も度々起こることがあります。その度に担当者は変更の内容を確認しなければならないなど、システムの見直しなどの多くの時間と手間を必要としなければなりません。

アウトソーシングを導入することで法令や税制の改革が行われたとしてもシステムを変更し新しいソフトウェアを導入する必要がないので、担当者の手間とコストを削減することができます。

メリット③データ化による勤怠管理

給与計算を行うには日々の勤怠の管理を行わなければなりません。タイムカードなどを利用している場合、勤務時間の確認や残業時間の管理や時間の計算など多くの手間を要します。

アウトソーシングを導入することで勤怠管理も行われるので、面倒な残業時間も管理される為担当者の負担も軽減されます。さらに担当者は軽減された時間を有効に活用し、勤務体系の見直しなどができ業務の効率化が図れます。

メリット④年末調整もスムーズ

給与計算の担当者には年末調整も大きな負担になる作業です。年末調整には毎月の社会保険料等の計算や所得税の計算、社員へ税金を返金する作業など多くの手間がかかります。

また年末調整を行う際に控除となる生命保険料等の計算や、住宅借入金控除など様々な控除の計算にも時間と手間が必要です。

アウトソーシングを導入することにより、年末調整を行う際の細かな作業や多くの時間が軽減されるので、担当者の負担や残業代などのコストも削減できます。

給与計算代行・アウトソーシングの相場は社員一人あたり1000円程度

給与計算代行・アウトソーシングの利用を検討したいが、いったいどれくらいの費用がかかるのだろうと気になりますよね?

アウトソーシングの相場としては社員一人あたり1000円程度になります。

給与計算代行・アウトソーシングを導入する場合、社員の人数によっても料金は違ってきますが、依頼先によっても違いがあります。
アウトソーシングの依頼先は、税理士へ依頼する場合と社会保険労務士へ依頼する場合と大きく2つに分けられます

税理士へ依頼した場合、決算における税務関係も管理してもらえるというメリットがあります。また社会保険労務士へ依頼した場合には、社会保険料や残業代など分からないことがあった場合に相談ができることがメリットです。

税理士と社会保険労務士では専門に行う内容が違ってきますので、どちらに重点をおいて依頼するかも選ぶ際の要点と言えるでしょう。

①税理士へ依頼した場合

給与計算のみを依頼した場合の費用は、初期設定費用と月々にかかる費用があります。月々の費用には基本料金を設定している場合もあるようです。

初期設定費用とは社員のデータを登録する費用のことで、平均すると社員1名あたり1,000円~2,000円程度になります。

月額の費用は社員1名あたり1,000円~2,000円程度ですが、その他に基本料金を設定している場合、年末調整や税務関係などの手続きをオプションとしているところもあり、依頼する内容によって料金体系も違ってくるようです。

②社会保険労務士へ依頼した場合

給与計算を社会保険労務士へ依頼した場合の費用は、初期設定費用の他にも殆どの社会保険労務士では基本料金が設定されています

基本料金は社員数により大きく金額が変わり、例えば5名以下であれば1万円程度ですが、21名~30名だと2万円程度、40名を超えると3万円程度かかります。

初期設定費用は基本料金の2ヶ月位の金額の場合が多く、月額費用に関しては1名あたり1,000円未満のところが殆どです。

社会保険労務士は労働保険の更新や、社会保険の月額変更届・算定基礎届などの手続きも行っており、給与計算とセット料金として設定しているところもあります。

給与計算代行・アウトソーシングサービス4選を完全比較

給与計算代行・アウトソーシングを導入するメリットや料金の相場をお伝えしてきましたが、依頼する場合業者によってどのような違いがあるのかを見てみましょう。

①給与プロ

運営会社:給与プロ

・給与計算の代行だけではなく、勤怠管理システムのクラウドサービス提案から給与明細のweb化まで一連して提      案。
・給与計算だけでなく、賞与計算、年末調整、マイナンバーの収集・管理まで行う。
・給与計算の代行だけでなく、試算表作成のための経理業務、請求書発行業務などの経理業務の範囲まで行う。

   社員50名の場合の給与計算費用  基本料金    10,000円
給与計算費用  33,400円
月額費用合計  43,400円

初期設定費用  50,000円~

②アイプラス

運営会社:社会保険労務士アイプラス

・勤務データのシステム入力
・支給控除に関する情報の入力
・保険料の変更通知、支給控除一覧、部門別支給控除一覧、振込一覧、給与明細をデータを出力し、データを送付

初期設定費用については、原則給与計算の1か月分
基本料金 20,000円
1名あたり 1,000円
賞与計算・年末調整は、給与計算報酬の1か月分
他オプション有り

③NOC

運営会社:NOC

・給与計算のほか、人事業務を幅広くサービス提供。
・年末調整や住民税特別徴収など年次スポットサービス。
・お預かりする情報をハイセキュリティな環境で管理。
・人事系ASPサービス(勤怠、人事など)と業務アウトソーシングの一括提供が可能。

    給与計算・年末調整・労働保険や社会保険業務
社員100名 月額費用 150,000円~
初期費用 700,000円~

④YFPクレア

運営会社:税理士法人YFPクレア

・勤務時間や残業代などの勤務状況のデータをもとに毎月の給与計算を行う。
・社員の方の異動や家族の変更などの人事データの変更にも対応。
・年末調整にも対応し毎年の保険料の更新も対応。
・税理士・社会保険労務士とも在籍しているので連携が可能。

給与計算の初期費用はゼロ
月額費用 1名 900円~
年末調整 1名 1,000円

給与計算代行・アウトソーシングを導入した場合の3つのデメリット

給与計算代行・アウトソーシングを導入した場合、メリットだけあるとは言えないようです。では導入した場合にどのようなデメリットがあるのかご説明致します。

デメリット①法令改正などへの関心が薄くなる

給与計算に関する法令改正や税制改正は毎年のように行われます。アウトソーシングを導入したことにより、専門家に任せているという安心感から確認するなどの作業もしなくなり、次第に関心が無くなってしまうというデメリットがあります。

デメリット②社内でのスキルアップがなくなる

給与計算代行・アウトソーシングを導入した場合、今まで給与計算を担当していた社員が退職した場合、社内に分かる社員がいなくなってしまうというデメリットがあります。

仮に委託していたアウトソーシングの会社に何かあった場合すぐに対応することができないので、社内での業務の共有も大事になってくるでしょう。

デメリット③情報漏洩

給与計算を代行・アウトソーシングをした場合、社員の個人情報などのデータがアウトソーシングの会社へ行きます。

アウトソーシングの会社によっては、本社で受注した業務を各支店へ依頼する場合やアルバイトが作業を行っている場合もあります。

アウトソーシングの会社へ行った社員の個人情報や給料などのデータが、支店へ移行する際やアルバイトが作業する際に誤って漏洩されてしまうことも考えられます。

まとめ

給与計算を代行・アウトソーシングを導入することは、担当者の業務が軽減され残業代などのコストも削減されるメリットがあります。一方で導入することで社員のスキルが低下することや、情報漏洩といったデメリットも考えなければなりません。自社の業務の効率化を図りコストも削減できるように、委託先や料金などをしっかりと検討していきましょう。

こちらの記事もどうぞ

経費 どこまで記帳代行サービスとは?料金相場や導入メリットを解説!
こちらの記事もいかがですか?
参考記事:経費精算を効率化する方法!経費精算システム全42社を完全比較!
経費精算業務が面倒ではありませんか?
いまだにエクセル・紙でアナログに交通費精算・経費精算していませんか?

そんな方におすすめがクラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」です。

領収書を撮影するだけで99.9%の精度で自動入力されるだけではなく、Suicaやクレジットカードとも連携し、経費精算業務にかかる時間を1/10にします。
ぜひ詳細をこちらの公式サイトから確認してみてください。

また、実際に使った人の声や評判も気になりますよね?
そんな方には下記記事がおすすめです。
参考:クラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」の評判!導入事例を紹介


経費精算システムを導入し、社内業務の効率化に成功した7社の企業事例を記載した冊子を無料プレゼント
【無料ダウンロード】経費精算の効率化に成功した企業事例集7社!

また、下記では経理担当者に役立つ資料を掲載しています。

【無料ダウンロード】経理担当者のためのお役立ち資料ページ

ぜひご活用下さい