業界人が教える「MoneyForwardクラウド経費」の評判

経理部の業務時間90%削減!!『Dr.経費精算

経費精算の業務量を減らしたい・・
経費精算の入力ミスが多い・・

そんなお悩みを抱える方には『Dr.経費精算』がおすすめ!

  • 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!99.9%の精度でチェック必要なし!
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!

  • 資料無料ダウンロードはこちら

    【業界最多!!】経費精算システム比較こちらから

    「MoneyForwardクラウド経費」の導入を検討されていませんか?
    また、社内の経費精算業務が非効率で、効率的にしたいと思っていませんか?

    「MoneyForwardクラウド経費」はレシートを撮影するだけで自動入力やクレジットカード・Suica利用履歴の自動連携機能を備える経費精算アプリです。そのため、経費の入力にかかる時間が従来の1/10にもなるサービスです。そのため、紙やエクセルへの経費記入、レシート糊付けに大きな手間がかかっているという会社ではまさにぴったりのサービスとなっております。

    ただ、MoneyForwardクラウド経費の実際の使い心地も気になりませんか?
    実は導入にあたり「MoneyForwardクラウド経費」には出張申請や仮払い、事前申請の機能については注意が必要です。

    そのため、このような機能を頻繁に使用する会社では注意する必要があります。

    業界人が教えるMoneyForwardクラウド経費の3つのメリット

    「MoneyForwardクラウド経費」のメリットは以下の3点です。

    1.レシート・領収書の入力が劇的に楽になるということ。
    2.他サービスの連携機能が強いこと。
    3.振込処理が劇的に楽になるということ

    メリット1 レシート・領収書が自動でデータ化される

    従来の経費精算業務での大きな問題は「金額の入力が面倒だった」ということなのではないでしょうか?
    レシートを見ながら金額や日付を手入力したり、レシートを精算申請書に糊付けて提出することは大きな手間ではないでしょうか?
    「MoneyForwardクラウド経費」を使うとこうした課題を解決することが可能となります。

    MoneyForwardクラウド経費にはレシート撮影機能があり、レシートまたは領収書をスマートフォンのカメラで撮影すると内容が自動的に入力される仕組みとなっています。
    裏側の仕組みとしてはオペレーター入力とOCR入力を併用しており、OCR入力(機械読み取り)の精度の低さをオペレーターが代わりに入力することにより補うという仕組みをとっています。

    これによりユーザーの方はレシートを受領した場合、スマートフォンのカメラで撮影するだけで経費登録が完了します。
    また、電子帳簿保存法やタイムスタンプ機能も兼ね備えているため、ペーパーレス化の経費精算業務が実現することが可能です。

    領収書レシート入力代行の3つの方式を解説!おすすめアプリ5選も!

    メリット2 外部サービスとの連携機能が強い

    MoneyForwardクラウド経費は外部サービスとの連携機能が豊富です。例えば下記のようなサービスと連携をしています。

    連携サービス例)
    ETCカード、モバイルSuica、各種クレジットカード、各種電子マネー、マネーフォワード家計簿アプリ、JAL、ANA、RODEM

    例えば、モバイルSuicaやクレジットカードの利用履歴を自動でMoneyForwardクラウド経費に取り込むことが可能です。
    また、JALやANAのアカウントをMoneyForwardクラウド経費に紐づけますと、自動で搭乗時の明細と領収書を取り込まれます。

    また、MFクラウド会計をはじめとする各種会計ソフトへ対応しているため、会計ソフトへのデータ取り込みも非常に楽になります。

    一休.com楽天トラベルからの利用履歴も自動で連携をすることができるので、出張申請の手続きも非常に楽になります。

    メリット3 振込処理が劇的に便利になる。

    MoneyForwardクラウド経費では経費精算のデータから全銀データを作成できるだけではなく、もはや全銀データを作成しなくても振込処理ができるようになっています。

    銀行API機能を兼ね備えるため、ワンクリックで振込処理まで完了させることが可能です。

    MoneyForwardクラウド経費提案資料より引用

    銀行API連携機能は以下の銀行で対応しております。

    ・住信SBIネット銀行
    ・みずほ銀行
    ・三井住友銀行
    ・セブン銀行
    ・三菱UFJ銀行

    経費精算は振込にし、小口現金を廃止すべき2つの理由とメリット

    MoneyForwardクラウド経費の料金体系は?

    下記がMoneyForwardクラウド経費の料金プランとなっております。

    レシート自動入力機能というMoneyForwardクラウド経費のメリットを享受するためには900円/月額のエンタープライズプランを選択する必要があります。
    コーポレートプランではレシートを1枚撮影するごとに20円がかかってしまうので、レシートを何枚か撮影するとすぐに900円を超えてしまします。

    MoneyForwardクラウド経費提案資料より引用

    MoneyForwardクラウド経費の運営会社は?

    MoneyForwardクラウド経費はマネーフォワード社によって運営されています。マネーフォワードはMFクラウド会計やMFクラウド請求、MFクラウド給与など様々なバックエンド向けクラウドサービスを展開しています。

    マネーフォワード会社は2012年に辻庸介氏によって創業されました。

    辻庸介氏は京都大学法学部を卒業後、ソニー株式会社やマネックス証券を経て、2012年にマネーフォワード株式会社を創業しました。
    リリースから4年で500万ユーザーを超えるCtoC向け家計簿アプリであるマネーフォワードのサービスも展開しています。

    その結果、創業から5年という早さで上場、マネーフォワードの利用者は600万人を突破しております。

    マネーフォワードの社風は? 社員はどんな人?

    社員全員がエンジニア的なマインドをもち、「誰が言うか」より「何を言うか」を重視する雰囲気です。ユーザーとエンジニアの距離が近く、特にBtoBのサービスではユーザーの声がダイレクトにエンジニアまで届くためモチベーションを持って開発に取り組めるとの声がありました。

    また、社内の批判に関してもオープンな雰囲気となっており、社長自らが経営や社内体制に関する批判を元に日々改善を行っています。

    業界人が教えるMoneyForwardクラウド経費の3つのデメリット

    冒頭でご紹介したように、MoneyForwardクラウド経費には

    ・入力の簡便さ
    ・外部サービスとの連携
    ・振込処理の効率化

    の3点で大きなメリットがあります。しかし、実は残念なポイントもいくつかございます。実際にMoneyForwardクラウド経費を利用している場合、下記のような点がデメリットかと思います。

    デメリット1 交通費において経路の選択ができない

    交通費精算は立替経費精算で最も多いのではないでしょうか?そのため、交通費精算の業務を効率化できるかということが重要なポイントとなります。

    MoneyForwardクラウド経費では駅名を入力するだけで金額が自動で計算されます。
    しかし、経路を自由に選ぶことができないという点があります。

    ◆ 下記画像が実際のサービス画面となります。

    出発駅、到着駅の2点を入力し、「価格優先」「早さ優先」「乗り換え回数優先」のいずれかを選択すると、自動的に経路および金額が入力されます。

    このように駅名を入力した場合、選択できる経路は3種類のみです。デフォルトで表示される経路以外を選択できないことが非常に不便に感じます。

    もちろんこれは便利な機能なのですが、デフォルトの経路ではなく、別の経路を選択したい場合などには厄介です。

    また、経由地なども入力することができないため、駅から駅間の経路をひとつひとつ入力しなければいけません。

    デメリット2 事前申請への経費の紐付け作業

    事前申請を提出することはもちろん可能なのですが、事前申請に経費を紐付ける作業には注意が必要です。

    事前申請に交通費の経費を紐付けたい場合は、手入力で金額や日付を入力する必要があります。そのため、駅名を入力すると自動的に金額が入力されるものではありません。

    また、クレジットカードから経費を事前申請に紐付ける形で登録することができません。

    ◆ 事前申請への経費紐付けの画面

    デメリット3 仮払い後の精算機能

    MoneyForwardクラウド経費には仮払い申請機能はあるのですが、「仮払い金と実際使用した金額の差額金額」を表示することができません。

    その結果、例えば仮払いとして5万円を渡して、受領したレシートや日当、交通費を紐付けたとしてもいくら残高が残ったのかが記録されないため経理担当者の方が手で計算しなければいけません。そのため、振込処理の際に手作業が発生してしまいます。

    ◆ 仮払い申請の実際の画面

    MoneyForwardクラウド経費と他システムの3つの違いとは?良い点は?

    前章でご説明した通り、MoneyForwardクラウド経費には下記のようなデメリットがありました。

    ・1.経路の選択
    ・2.事前申請への経費の紐付け
    ・3.仮払い後の精算機能

    一方で、同様に経費精算システムである「Dr.経費精算」との違いをこの3点で見てましょう。

    1.交通費経路の自動入力について

    まず、交通費の経路の選択について、MoneyForwardクラウド経費では、選択できる経路は3種類のみなのでそれ以外の経路を選択することはできませんでした。
    この場合、通常とは異なるルートを利用した場合、経路が表示されず、結局手入力で入力しなければならないということが発生します。

    一方で、Dr.経費精算では、数十種類におよぶあらゆる経路を選択することができます(バスや徒歩、新幹線も含む)
    そのため、従業員がイレギュラーな経路を通ってしまっても経路を正しく選択でき、金額も自動的に入力されます。

    2.事前申請・ワークフロー機能について

    MoneyForwardクラウド経費では事前申請に交通費の経費を紐付けたい場合は、手入力で金額や日付を入力する必要があります。そのため、駅名を入力すると自動的に金額が入力されるものではなく、クレジットカードとの連携もできませんでした。

    一方で、Dr.経費精算では、SUICAやクレジットカードから自動入力されたデータを事前申請に紐付けることができます。
    また、領収書の撮影データなども紐付けることができます。

    3.仮払い後の精算機能に関して

    Dr.経費精算では、MoneyForwardクラウド経費と異なり、仮払金として受け取った金額と、実際に使った金額の差額は自動的に算出されます。

    公式サイト/Dr.経費精算

    会社にあったシステムを選ぶためには比較が必要

    MoneyForwardクラウド経費の導入を迷っている方の脳裏には、きっと他のシステムでより良いものがあればそちらを導入したいと考えているのではないでしょうか。

    最近では経費精算システムは増えつつあり、各社が様々な機能や料金設定でシステムをリリースしています。そのため、本当に自分の会社にあったものを選ぶためには最低2社の相見積もりを比較して検討する必要があります。

    今回紹介したDr.経費精算の公式サイトはこちらです。

    公式サイト/Dr.経費精算

    まとめ

    本記事では「MoneyForwardクラウド経費」の評判をご紹介させていただきました。

    レシート撮影機能により経費の入力の手間が格段に効率化し、外部サービスとの連携力も強いため、現場の営業マンの経費の入力業務が非常に効率化しそうなサービスです。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    ※本記事情報は2018年8月時点での情報となっております。最新情報などは公式サイトを参照ください。

    Dr.経費精算 評判』について詳しく知りたい方はこちら

    「Dr.経費精算」の評判・考察!選ばれる7つの理由とは?

    バックオフィス向けITサービス比較なら『プロキュア

  • バックオフィスに特化したITサービスを掲載!
  • テーマ・課題別のおすすめサービスが丸わかり!
  • 気になるサービスは一括資料ダウンロードも可能!