最高評価の経費精算システム「Dr.経費精算」の詳細を見る

消費税増税で始まる「ポイント還元」の目的・背景や違いを解説!

ポイント還元

いよいよ10月から消費税が10%に値上がりしましたね。そして、「増税後は、ポイント還元でお得に買い物ができる!」という話をよく耳にするようになってきました。

ただ「どうやらお得らしい」ということは知っているものの、具体的な仕組みについてはイマイチ理解できていない人が多いのではないでしょうか?

今「ポイント還元される!」と言われているのは、経済産業省が行っているキャッシュレス・ポイント還元事業と呼ばれる政策です。この政策は、2019年10月1日から2020年6月30日までの期間で、対象店舗においてキャッシュレス決済を行うと、最大で5%のポイント還元を受けられるというもの。

この記事では、キャッシュレス・ポイント還元事業について詳しく説明していくとともに、具体的にどんなお店でどのように還元されるのか、解説していきます。

ちなみに筆者である私はクレジットカード会社で働いていた経験もあり、キャッシュレス決済についての知識を持っております。今回は私の知見もふまえて記事を書いていきますので、皆さまのご参考になるかと思います。

経理部の作業時間90%削減!「Dr.経費精算」

  この記事をお読みの方で、「経費精算システム」をお探しの方がいらっしゃいましたら、「Dr.経費精算」を検討してみましょう。下記のメリットがあります
  • 領収書を撮影するだけ!99.9%の精度で自動入力
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!チェックや手入力の手間がなくなる
 

キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

キャッシュレス・ポイント還元事業」とは、消費税の増税に伴い経済産業省が打ち出した政策で、対象となる店舗でキャッシュレス決済を行うと、購入した商品の税込価格の2%から5%の金額をポイントとして還元してもらえます。

キャッシュレス決済とは、クレジットカードやデビットカード、電子マネーやQRコード決済(PayPayなど)が挙げられます。期間としては、増税に合わせた2019年の10月1日から、東京オリンピック前の2020年6月30日までの間とされています。

例えば、対象店舗で税込11,000円の買い物をすると、最大で550円分のポイントが還元されます。
※原則税込価格にポイント還元としていますが、一部の決済手段では税抜価格にポイント還元される場合もあります。

主なキャッシュレス決済

キャッシュレスポイント還元とは?仕組みやメリットをわかりやすく解説!

消費増税に伴うキャッシュレス・ポイント還元事業の導入目的とは?

還元されるポイントや店舗への決済端末の導入費用は、国の補助金によってまかなわれています。キャッシュレス・ポイント還元事業に係る費用は、本年度当初予算で総額2798億円にもなっているのです。

どうしてこれほどまでの予算を使ってまでポイント還元事業を行うかというと、キャッシュレス化の推進が目的にあります。経済産業省は、この事業によって2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%にまで上げることを目標として掲げています。

ただ、現在は国が決済端末やカード手数料を負担してくれますが、この政策が終了した後はそれらの費用は中小店舗が支払わなければならなくなりますね。そうすると、経費の増加により、経営が厳しくなってしまう事業者も出てきてしまうでしょう。

軽減税率とキャッシュレスポイント還元との違いとは?

そもそも、「軽減税率制度」と「キャッシュレス・ポイント還元事業」の違いが分からないという人も多いのではないでしょうか?

どちらも最終的には私たち消費者にとって増税の負担を軽減することには間違いないのですが、具体的には下記のような違いがあります。

●キャッシュレス・ポイント還元事業→キャッシュレス決済を行った場合に、購入代金の最大5%分をポイントとして受けられる

 

●軽減税率制度→対象品目の商品(酒類・外食を覗く飲食料品と、定期購読していて週2回以上発行される新聞)を購入した場合、本来10%である消費税が8%となる

それぞれ別の制度として存在しているので、例えば軽減税率制度の対象となっている飲料食品をキャッシュレスで購入すれば、消費税は8%→最大購入代金の5%分のポイントが受け取れるということもできてしまいます。

ですから、今まで通り8%の消費税で購入できる商品ならば、ポイント還元によって増税前よりもお得になるのです。

ちなみに、キャッシュレス・ポイント還元事業は2020年6月までとされていますが、軽減税率制度は今のところ期間が決まっていません。

軽減税率制度を主導しているのは国税庁ですから、試しに税務署の人に質問してみたところ、「よほどのことがない限り軽減税率制度は今後も継続されるのではないか」とのことでした。

軽減税率については下記の記事でわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。

軽減税率軽減税率とは?損する人や対象商品をわかりやすく解説!【最新版】

ポイント還元までの流れを説明!

それでは商品を購入してからどうやってポイントが還元されていくか、簡単に説明していきます。

私たちが対象のお店でキャッシュレス決済で商品を購入します。そうすると、キャッシュレス決済事業者、例えばクレジットカード会社などから、私たちに直接ポイント還元がされる仕組みになっています。ポイント還元の方法としては、カードの引き落とし時に値引きされたりその場で値引きされたりと決済手段によって異なるので、こちらについては後述しますね。

ポイント還元の流れ

また、ポイント還元の仕組みについてはこちらの記事で詳しく説明していますので、ご参考下さい。

キャッシュレスポイント還元とは?仕組みやメリットをわかりやすく解説!

還元率は店舗によって違いがある

まず、ポイント還元の対象店舗としては、個人や中小企業が経営する店舗やコンビニ等のフランチャイズチェーン、ガソリンスタンドなどです。ネット販売をしているお店(ECサイト)も対象となります。ですから大手のデパートやスーパーなどは、ポイント還元の対象とはなりませんのでご注意下さい。

ただ、大手はポイント還元がない代わりに消費税分の値上げをしないなどの措置をしているところもあるので、一概に「大手で買うのは損だ!」とは言えません。

そして、先ほどから、還元率は「最大」5%とご説明している通り、実はお店によって還元率が異なります。具体的には、中小店舗なら還元率は5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドは還元率が2%となっています。

どこで購入すればポイント還元を受けられるか

先ほど、店舗によって還元率が異なったり、大手の場合はポイント還元がなかったりするとご説明しましたね。それでは実際に、私たちが買い物をする時、支払方法や利用店舗によってポイント還元はどうなるのか、フローチャートとしてまとめたのでご参考ください。

商品を購入した時の流れ

そもそもの話として、現金決済の場合はどの店舗でもポイント還元は受けられません。そして、キャッシュレスで支払った場合に、何%還元されるのか、または還元されないのかは店舗の経営規模などによって異なるということです。

ポイント還元対象の決済手段は何がある?

それではどのような決済方法で支払えばポイント還元がされるのか、ご説明していきます。ポイント還元を受けるためには決済会社が経済産業省へ申請を行い承認をもらう必要があるのですが、現時点ではほとんどの電子決済手段が対象となっています。

具体的な決済手段を紹介!

それでは対象となっている主要の決済手段をご紹介していきます。

決済手段

クレジットカードでは、VISA、Master、JCB、AMERICAN EXPRESSなどが対象となっています。QRコードでも、LINEPayやPayPayなど、ほとんどの決済手段が対象となっているようですね。電子マネーでは、交通系のほか、nanacoやWAONなども対象です。

この他にも地域特有の電子マネーなどが対象となっており、登録されている決済サービスを検索できるサイトを経済産業省が用意していますので、確認してみて下さい。

参考文献:登録されている消費者向けサービスを探す

例えば、大学の生協で使える電子マネーなども対象となっているようですね。

お店によっては還元対象の決済手段が異なるので注意!

ここで注意して頂きたいのは、ポイント還元対象となっている決済手段だったとしても、お店によっては還元されないという点です。どういうことかと言うと、例えば交通系電子マネーのSuicaはポイント還元の対象となる決済手段です。

しかし、商品を購入したお店がSuicaをポイント還元の対象決済手段として登録していなければ、Suicaで支払ったとしてもポイントが還元されない、ということです。

お店によってポイント還元となる決済手段が異なっているため、支払前に確認する必要があります。詳しい確認方法については、次で説明していきますね。

対象店舗の確認方法

それでは具体的な対象店舗はどうやって確認をすれば良いのか、ご説明して行きます。確認方法としては2パターンあり、店頭でのポスターなどの掲示を見る方法と、インターネットもしくはスマホの専用アプリで確認する方法です。

店頭のポスターで確認する

ポスター1

このようなポスターが掲示されているお店では、ポイント還元を受けられます。

ポスター2

そして、こちらが対象の決済手段が記載されているポスターです。

ポスター3

この「対象決済手段」という欄に記載されている決済手段で支払った時にだけ、ポイント還元を受けられます。例えば上の画像ですと、ポイントが還元されるのはPayPayで支払った時だけということになります。

アプリで確認する

アプリで対象店舗を検索することもできます。対象となる決済手段や還元率も表示されるので、実際に行ってみて実は還元を受けられなかった、という失敗を避けられますね。

アプリをインストールしてから最初に開いた時、位置情報を使用するかどうかの許可画面が出ます。許可すると、現在いる場所の周辺でポイント還元を受けられる店舗が表示されます。

私もインストールしてみたのですが、デフォルトで表示されているのが現在地周辺で、地名や店名で検索できずに少し不便かな、と感じました…。

例えば「このお店について知りたい!思った場合でも、いちいちマップを手を移動して探さなければならないんですよね。アプリのレビューを見ても評価はあまりよろしくなく、今後アップデートなどで改善されることを望むばかりです…。

試しに新宿駅周辺で検索してみました。検索結果が一覧に出ないのでよくわからないのですが、この画像を見ると対象店舗がエキナカか駅周辺しかないように見えるのですが…。おそらく検索範囲が狭いのでしょう。

お店がマッピングされたアイコンをタップすると、詳細が見られます。

アプリ1

例えば、セブンイレブン新宿7丁目店は、還元率が2%で、還元対象の決済手段は電子マネーが1種類、QRコード決済が5種類ということがわかります。よく行くお店はともかく、初めて入るお店ではいちいち確認するのが手間になってしまいそうですね…。

アプリ2

ダウンロードは下記URLからできます。

iphone版→https://apps.apple.com/app/id1477479075

Android版→https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.cashless.android

還元方法の種類を説明

最後に、ポイントはどのように還元されるのかご説明していきます。そのままポイントとして受け取ったり、請求時に値引きされたりと決済手段によって異なるので、いつの間にかポイントの受取期限が切れていた!なんてことにならないよう、注意しましょう。

還元方法は4種類ある

還元方法の種類

還元方法は4種類あります。どの還元方法を採用しているかは決済手段ごとに異なるので、詳しくは各サイトを確認して下さい。

ポイント付与は新たに受け取る必要がある

ポイント付与は、決済時は10%もしくは食品等の軽減税率の対象であれば8%で支払い、還元分を新たにポイントとしてもらえるというもの。ポイントの受取方法についてはコンビニにある情報端末やレジなど、各決済手段によって異なるので、サイトで確認して下さい。その場で支払が完了する電子マネーなどが主にポイントとして付与する方式を取っていますね。

即時充当ではその場で値引きされる

即時充当とは、商品購入時にポイント還元分を値引きした金額で支払うというもの。コンビニやAmazonなどでの決済で採用されています。ややこしいのが、どの決済手段で支払っても、コンビニやAmazonで購入した際はその場で値引きされるということ。

ですから後からポイントとして受け取れると思っていたら、実はレジで引かれていた…なんてことにもなりかねません。

引落相殺は請求時に値引きされる

クレジットカードで決済した時に多いのがこの方法。口座から引き落とす時に、ポイント還元分を値引きするというものです。クレジットカードで支払うだけで自動で相殺されるので、ポイント付与のように受け取りに手間がかからないのが特徴です。

口座充当では口座に入金される

主にデビットカードで採用されている方法で、口座にポイント還元分の金額が振り込まれるというものです。

毎月の還元ポイントの上限もあるので注意

また、毎月還元されるポイントの上限金額も決まっています。この金額もそれぞれの決済手段で異なるため、サイトで確認が必要です。ちなみに、クレジットカードやデビットカードのほとんどは月の上限が15,000円、電子マネーやQRコード決済はサービスによって様々のようです。

おわりに

「とりあえずキャッシュレス決済をすれば何でもお得になる」というわけではないことを、ご理解頂けたでしょうか。ポイント還元されるお店には条件があって、さらにお店によっては使えない決済手段もある…ということで、使いこなすには一筋縄では行かない、というのが正直な感想です。

しかし、この制度は私たち消費者にとって非常にお得であることは間違いありません。5%還元だと実質消費税は10%-5%=5%で、増税前の8%よりも安く購入できることがわかります。この制度を上手く活用して、少しでも節約を心がけて行きましょう!

こちらの記事もいかがですか?
参考記事:経費精算を効率化する方法!経費精算システム全42社を完全比較!
経費精算業務が面倒ではありませんか?
いまだにエクセル・紙でアナログに交通費精算・経費精算していませんか?

そんな方におすすめがクラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」です。

領収書を撮影するだけで99.9%の精度で自動入力されるだけではなく、Suicaやクレジットカードとも連携し、経費精算業務にかかる時間を1/10にします。
ぜひ詳細をこちらの公式サイトから確認してみてください。

また、実際に使った人の声や評判も気になりますよね?
そんな方には下記記事がおすすめです。
参考:クラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」の評判!導入事例を紹介


経費精算システムを導入し、社内業務の効率化に成功した7社の企業事例を記載した冊子を無料プレゼント
【無料ダウンロード】経費精算の効率化に成功した企業事例集7社!

また、下記では経理担当者に役立つ資料を掲載しています。

【無料ダウンロード】経理担当者のためのお役立ち資料ページ

ぜひご活用下さい