最高評価の経費精算システム「Dr.経費精算」の詳細を見る

キャッシュレスポイント還元でお得なクレジットカードを紹介!還元方法・注意点も

cashless

ついに2019年10月1日から消費税が10%に改定されました。

今回の増税は2014年に5%から8%に増税した時よりも複雑なものとなっています。皆様も「生活必需品は8%のままである」「イートインだと10%で、持ち帰りは8%」ということはテレビやニュースで聞いたことがあるかと思います。特にサービス業や飲食業に就いている方には大きな影響を及ぼすでしょう。

これは軽減税率制度というもので、生活必需品である飲食料品などはこれまで通りの税率が適応されます。

軽減税率制度は私たちの生活に密接に関わってくるものなので大きな話題になっていますが、実はもう一つ重要な制度があります。それは、キャッシュレス決済によるポイント還元です。

これは、キャッシュレス決済を普及させたいという狙いで経済産業省が進めている事業で、正式には「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」というものです。

2019年10月〜2020年6月の9ヶ月間、対象の店舗でキャッシュレス決済を行うと、最大5%のポイント還元を受けることができる、という制度です。制度が終了したあとは、マイナンバーカードを利用した「マイナポイント」がポイント還元を引き継くとも言われています。

この記事では、キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)について詳しく解説していきます。

経理部の作業時間90%削減!「Dr.経費精算」

  この記事をお読みの方で、「経費精算システム」をお探しの方がいらっしゃいましたら、「Dr.経費精算」を検討してみましょう。下記のメリットがあります
  • 領収書を撮影するだけ!99.9%の精度で自動入力
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!チェックや手入力の手間がなくなる
 

キャッシュレス決済によるポイント還元とは?

そもそもキャッシュレス決済とは、クレジットカードやデビットカード、交通系ICカード決済、スマホ決済など、現金を使わない決済を指します。最近だとPayPayやLINE Payなどが話題で、コンビニや飲食店でもほとんどのお店で利用できるようになりました。財布がなくてもスマホがあれば買い物にも不自由しません。

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)の概要

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)は経済産業省が主導しているもので、

対象となる店舗でキャッシュレス決済を行うと、購入した商品の税込価格の2%〜5%がポイントとして還元されるという仕組みです。

対象期間は2019年10月1日から2020年6月30日の9ヶ月間となっています。期間を過ぎるとこの制度は適用されませんので注意してください。

例)税抜10,000円の洋服を購入した場合

税抜10,000円+消費税10%(1,000円)=11,000円(税込)

→最大5% 11,000×5%=550円

550円分のポイントが還元されるため、実質支払額が10,450円となる。

こちらが経済産業省と一般社団法人キャッシュレス推進協議会による公式ホームページです。こちらにより詳しい解説が載っているので参考にしてみてください。

https://cashless.go.jp/

キャッシュレス決済によるポイント還元の使い方

簡単に解説しましたが、もっと詳しく解説していきましょう!2019年8月30日現在、キャッシュレス決済事業者887社が登録されています。

対象となるキャッシュレス決済(主要)

まずはクレジットカードです。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

代表的な国際ブランドは網羅しています。つまり、ほとんどのクレジットカードは対象となっています。お持ちのクレジットカードは対象なのかどうか、確かめておきましょう。
電子マネーやQRコードは以下の通りです。種類が多いので、主要なものを挙げます。

  • 交通系電子マネー
  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICKPay
  • LINE Pay
  • PayPay
  • Origami Pay
  • 楽天Pay
  • d払い
  • メルペイ

キャッシュレス還元でのクレジットカード還元方法は3つ

大きくは3つあります。

1つ目は引落相殺です。クレジットカードの多くがこの方法です。クレジットカードの引落時にポイント分を相殺して引き落とされます。クレジットカード引落総額が100,000円で、そのうちポイント還元対象が1,000円分だったとすると、引落金額が90,000円となる訳です。

2つ目はポイント付与です。電子マネーやQRコード決済の多くがこの方法です。ポイント還元対象分を一定期間後にポイントとして付与する、というものです。

3つ目は即時充当です。LINE Payコード支払いやOrigami Payがこれに当たります。即時充当の場合だと、お買い物をしたその時点で還元分が値引きされます。

つまり、1,100円(税込)の商品を還元率5%のお店で購入すると、1,045円の支払いをするということです。

ポイント還元の対象になる使い方を解説

日頃の買い物でキャッシュレス決済にすれば、必ずポイントが還元されるという訳ではありません。

対象となる店舗は、個人や中小企業が経営する店舗やコンビニ等のフランチャイズチェーン、ガソリンスタンドなどです。大手のデパートやスーパーなどは、ポイント還元の対象とはならないので注意してください。

対象店舗でも、還元率が異なります。中小店舗なら還元率は5%、フランチャイズチェーンやガソリンスタンドは還元率が2%となっています。

中小・小規模事業者 5%還元
フランチャイズ・ガソリンスタンドなど 2%還元
大企業・病院など 還元なし

対象となる店舗には経産省が定めたキャッシュレスマークが掲示されています。利用対象店舗を検索できる公式アプリもあるので、参考にしてください。

公式アプリのインストールは下記URLからできます。

iphone版 https://apps.apple.com/app/id1477479075

Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.cashless.android

ここで最も注意すべきなのが、店舗によってポイント還元可能な決済手段が異なるということです。

対象となる決済手段全てを網羅している店舗もあれば、「LINE Payはポイント還元に対応しているけれど、交通系ICカード決済は対応していない」という店舗もあります。お店の掲示を確認するか、先程紹介したアプリで事前に確認しておくといいでしょう。

キャッシュレス決済でポイント還元を受ける際の2つの注意点

対象店舗でキャッシュレス決済をすればすべてポイント還元される、という訳ではないので注意してください。

1. 一部のカードでは事前登録が必要

一部のクレジットカード(オリコカード・ジャックスカード)や交通系ICカードでは、事前にWEB登録をしておく必要があります。

2.還元ポイントの上限がある

全てのキャッシュレス決済で、月の上限や1決済の上限が定められています。LINE Payでは月30,000ポイントまで、三井住友VISAカードでは月15,000円などです。

こちらに詳しく載っているので、自分がよく使うものは事前にチェックしておきましょう。

消費者向け説明資料 https://cashless.go.jp/assets/doc/consumer_introduction.pdf

また、増税に伴うポイント還元以外に、クレジットカード本来のポイント還元もあります。これらは併用することが可能です。クレジットカード別のポイント還元率についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ポイント還元率が高い クレジットカードで年会費無料なのはどれ?オススメを紹介

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)の目的は2つ

目的は二つあると言われています。

1.キャッシュレス決済の普及

経済産業省は2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%にする、という目標を掲げています。現在は20%程度です。2008年には普及率が11%だったことを鑑みると、悪くない水準のように感じますが、諸外国に比べると遅れているのが実情です。特に中国や韓国ではキャッシュレス決済の比率が80%を超えています。

2020年東京オリンピック、2025年大阪万博を控え、訪日客の増加が予想されます。それに備えて世界標準のキャッシュレス決済を整えておきたい、という思惑があります。

2.増税による消費冷え込みの防止及び低所得者への配慮

こちらは軽減税率制度にも関わっています。

1989年に消費税が導入されて以来、三度に渡って増税が行われました。増税前に駆け込み需要があるものの、増税後は消費が冷え込むのがこれまでの流れです。2014年に消費税が5%から8%になった際も同様でした。そのため、軽減税率制度やポイント還元制度を適用することで、消費の冷え込みを少しでも抑えようとしているのです。事実、ポイント還元の具体例として挙げた税抜10,000円の買い物をした場合だと、実質支払額が10,450円になります。実は、増税前に買っていると10,000円+消費税800円=10,800円なので、増税後にポイント還元制度を利用する方がお得になるのです。

また、低所得者は所得に占める生活必需品購入費の割合が大きくなります。すると増税の影響を大きく受けるのは低所得者で、高所得者よりも税負担率が大きくなります。これを逆進性といい、低所得者ほど経済的に苦しくなってしまいます。これを避けるために、生活必需品の税率を8%のままにしたり、キャッシュレス決済でポイントを還元したりしているのです。

以下の記事で、細かい仕組みやメリットデメリットを解説しています。

本記事と合わせてご覧ください。

キャッシュレスポイント還元とは?仕組みやメリットをわかりやすく解説!

まとめ

2020年6月30日まではキャッシュレス決済を利用することで、ポイントが還元されるという仕組みが適用されます。

ただし使える店舗が限定されているので注意してください。店舗や決済方法を選んで、上手に買い物をしましょう!

こちらの記事もいかがですか?
参考記事:経費精算を効率化する方法!経費精算システム全42社を完全比較!
経費精算業務が面倒ではありませんか?
いまだにエクセル・紙でアナログに交通費精算・経費精算していませんか?

そんな方におすすめがクラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」です。

領収書を撮影するだけで99.9%の精度で自動入力されるだけではなく、Suicaやクレジットカードとも連携し、経費精算業務にかかる時間を1/10にします。
ぜひ詳細をこちらの公式サイトから確認してみてください。

また、実際に使った人の声や評判も気になりますよね?
そんな方には下記記事がおすすめです。
参考:クラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」の評判!導入事例を紹介


経費精算システムを導入し、社内業務の効率化に成功した7社の企業事例を記載した冊子を無料プレゼント
【無料ダウンロード】経費精算の効率化に成功した企業事例集7社!

また、下記では経理担当者に役立つ資料を掲載しています。

【無料ダウンロード】経理担当者のためのお役立ち資料ページ

ぜひご活用下さい