業界人が教える5つのランキングで選ぶクラウド型経費精算システム

経理部の業務時間90%削減!!『Dr.経費精算

経費精算の業務量を減らしたい・・
経費精算の入力ミスが多い・・

そんなお悩みを抱える方には『Dr.経費精算』がおすすめ!

  • 領収書を撮影するだけ!簡単操作で自動入力!
  • 会計ソフトへデータを自動連携!99.9%の精度でチェック必要なし!
  • 領収書の全件チェック・倉庫7年保管を代行!

  • 資料無料ダウンロードはこちら

    【業界最多!!】経費精算システム比較こちらから

    経費精算システムをお探しではないでしょうか?

    「どのように経費精算システムを選んでよいのかわからない」「単純にサービスを並べた記事ばかりで参考にならない。」
    そのような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか

    そんな方に向けて、経費精算システムをどのような基準で選ぶべきかお伝えします。
    この記事では価格、スマホ対応、入力を楽にするサービス、経理業務を効率化するサービス、導入実績の5つの基準で選びます。

    重視する機能や抱える課題によって導入すべきサービスは大きく異なります。

    例えば、「価格の安さ」や「経理業務を効率化する」機能で選ぶ場合は楽楽精算がベストなサービスとなります。
    一方、スマホ対応や入力のしやすさという観点ではDr.経費精算MoneyForwardクラウド経費がベストなサービスとなります。

    本記事では、それぞれのランキングとその理由を紹介していきます。

    1.スマホアプリへの対応状況で選ぶランキング!

    今や1人1台スマートフォンを持っている時代です。そのため、営業マンがスマートフォンを使って外出先からでも経費精算を快適にできるかは重要な要素です。

    このランキングでの選定におけるポイントは以下の3点です。

    ・スマートフォンアプリへの対応
    ・スマホでもWebでも同じ機能を使うことができるか?
    ・スマートフォンアプリの操作性・見やすさ

    下記がスマホ対応状況で選んだクラウド型経費精算システムトップ3になります。
    「楽楽精算」をはじめとする一部の経費精算システムではスマートフォンアプリへ対応しておらず、Web版のみとなるため注意が必要です。

    ◆ スマホ対応で選んだ経費精算システムTop3

    2.価格の安さで選ぶランキング!

    経費精算システムを導入することにより、以前は手作業で行っていた経理業務や入力業務を大きく効率化することが可能です。そのため、労働時間や残業時間を削減することができます。

    しかし、そうは言ってもできる限り安いサービスを導入したいところですよね。選定におけるポイントは以下の3点です。

    ・初期費用
    ・月額費用
    ・サポート費用

    下記が最安値の経費精算システム3社となります。月額費用が安い場合でもサポートが手薄い場合やサポートで多額の費用が発生するケースがありますので注意が必要です。

    ◆ 価格の安さで選んだ経費精算システムTop3

    3.導入実績で選んだランキング!

    システムを新たに導入する場合は大手上場企業でも導入されているサービスを選びたいですよね。また、導入実績も重要な点です。

    下記が導入実績別ランキングの表になります。導入実績数と代表的な導入企業によるランキングになります。

    ◆ 導入実績で選んだ経費精算システムTop3

    特に「楽楽精算」や「コンカー」は導入実績という点では突出しているでしょう。多くの上場企業でコンカーは導入されているため、そのような企業にはコンカーがぴったりの経費精算サービスでしょう。

    4.経理担当者にぴったりなサービスランキング!

    経理担当者の手間が課題になっていますか? 例えば、会計ソフトへの入力を手作業でやっていたり、経理担当者に業務負担が大きくかかっていませんか?
    そんな場合には経理担当者向けの機能を重視して選択することが重要です。

    会計ソフト連携機能により会計ソフトへデータの移行をワンクリックで完了させることができたり、アラート機能により経費の入力の不備・間違いを未然に防ぐことができます。
    このように経理業務を大きく効率化できるサービスになっています。

    ◆ 経理担当者向けの経費精算システムTop3

    5.現場の営業マンの手間を軽減するシステムランキング!

    経費の入力が課題になっていませんか?従来の大きな課題はレシートの申請書への糊付け、また交通費の経路を調べて入力する手間が大きかったのではないでしょうか

    そうした声が現場の営業マンから多く上がっている場合はこちらのランキングをご参考ください。
    こちらでは「現場の営業マンが使いやすく、経費の入力の手間が大きく少なくなる」サービスをランキング形式で紹介したします。

    経費精算システムを使うとSuicaやモバイルSuicaの利用履歴を直接経費登録することができます。そのため、経路から金額を調べるという手間がなくなります。
    また、レシート読み取り機能を備えている企業が多くあります。その結果、スマホカメラでレシートを撮影すると、日付や金額が自動入力されます。

    また、その他にもはじめての人でも簡単に使うことができるサービスであるかということも重要なポイントかと思います。
    経費精算を数多くされる営業の方は、営業の仕事に集中したいため、バックエンドのサービスの使い方の習得に労力をかけたくないケースが多いためです。

    下記の3点がポイントになるかと思います。

    ・レシート撮影自動入力機能
    ・交通費入力が簡単にできるか?
    ・はじめての人でも直感的に使えるか?

    ◆ 現場の営業マンを楽にする経費精算システムTop3

    まとめ

    本記事では5つの基準で経費精算システムをランキングしてみました。

    現場の入力の手間をなくしたいか、経理業務の効率化をしたいか、もしくは価格か、様々な選定基準によって導入すべきサービスも異なります。

    ここまでお読みいただきありがとうございました。

    経費の教科書編集部です。経理担当者のお悩みを解決するべく、日々お役立ち情報を配信していきます。